メインギャラリーエリア 作家Main Gallery Area Artist

Artists

片岡 純也+岩竹 理恵 / Junya Kataoka + Rie Iwatake

※写真は参考作品です。出品作品とは異なる場合がございます。

作家情報

片岡 純也+岩竹 理恵

片岡純也+岩竹理恵

片岡純也 1982年 栃木県生まれ
岩竹理恵 1982年 南アフリカ、ヨハネスブルグ生まれ
2010年 筑波大学大学院 芸術専攻 修了
2014年 「ambiguous border」、 パリ国際大学日本館、 パリ、フランス
2014年 「Interact」、アルダ記念博物館 、 リーセイ島、アイスランド
2016年 「Treasure Hill Light Festival」、 Treasure Hill、台北、台湾
2017年 「Pyongchang Biennale 2017」、E-zen Convention Center 、江陵、韓国
2017年 「Under 35 片岡純也+岩竹理恵」、BankART Studio NYK、横浜

2013年のパリでの共同スタジオを機に、片岡純也と岩竹理恵夫妻によるインスタレーションの制作を始める。日常的な素材を使ってシンプルな技術で作品化している。普段見慣れている物や具体的な現象を観察し、その本来の機能とは離れてそれらが持つ意味や特性やメカニズムを抽象化させる。

片岡純也 http://junyakataoka.main.jp
岩竹理恵 http://www.iwatakerie.jp

推薦者

鷲田 めるろ / Meruro Washida

金沢21世紀美術館キュレーター

[推薦者コメント]

ぐるぐると回転し続ける電球や、空気の抵抗を受けながらゆっくりと落ちてくる紙など、シンプルなものの動きの面白さに気づかせる作品。美術の予備知識なしに楽しめ、子供が飽きずに延々と見つづけていた。数年前に金沢21世紀美術館でデンマークの作家、イェッペ・ハインの個展を開催したが、片岡+岩竹は日本のイェッペ・ハインだと言えよう。2017年の横浜トリエンナーレに合わせ、BankArtにて個展を開催。