フェイスブックFacebook

✨【3331Art Fair 若手スタッフが選ぶイチオシ作家】✨

✨【3331Art Fair 若手スタッフが選ぶイチオシ作家】✨

今回のピックアップアーティストは、老舗ギャラリーGALLERY 360°から知る人ぞ知るオノ・ヨーコさんです。

◉オノ・ヨーコ

世界で最も有名な日本人と言われているオノ・ヨーコさん。
今は亡きジョン・レノンさんの奥様としても有名ですが、
どんな作品を作っているのでしょうか?
3331 Art Fair Prime Pickでの新作初披露の前にオノ・ヨーコさんのこれまでの作品を予習しておくとより楽しめますよ✨

オノさんは50年代後半からの活動を始め、活動初期から「世の中を変えてゆくのがアーティストの役割」と考えジョン・レノンさんとの平和活動やその後のアート活動など、一環した姿勢を貫いています。
それは84歳になる現在までかわらないそうです。

💡「天井の絵」(”Ceiling Painting (YES Painting)”)
この作品は部屋の中央に置いてあるハシゴに観客は登り、天井に貼られたキャンバスに描かれた小さな文字を
ぶら下がっている虫眼鏡を使って覗くという作品です。
覗いた先には「YES 」という言葉。
観客が自ら行動した行き着く先にある「YES」、この言葉がジョン・レノンさんとオノさんの出逢いだったのです。
「もし”No”とか『インチキ』みたいな意地の悪い言葉が書かれていたら、すぐに画廊を出て行ったよ。
でも”YES”だったから僕は『これはいけるぞ、心温まる気持ちにさせてくれる初めての美術展だ』と思ったんだ」
と後にジョン・レノンさんは語っております。

💡「カット・ピース」
1964年に日本の草月会館(東京)で上演された、観客が舞台に座っているオノさんの衣服を裸になるまではさみで切り取るパフォーマンスです。
この作品はオノさんの内的苦痛を伝えています。その苦痛を鎮めるために、観客に作品を完成させるための協力を求め、それと同時に自身のアイデンティティを確立させようともしていたそうです。
この作品は様々な場所で上演され、観客が変わる度にその国々によって違った反応が生まれました。

💡「GLOBE PEACE」
この作品は2014年にGALLERY 360°で発表されました。
鑑賞者はギャラリー内に配置された地球儀の様々な場所に色を塗るように促されます。地球上の良くなって欲しい国、好きな場所、各々が選んだ場所や国を好きな色で塗る事で、その場所に思いを馳せ、その地の平和そして地球の平和を祈ろうというインスタレーションです。

・・・・ほんの一部ですがオノさんの作品を紹介させて頂きました!
そのほかここでは語りきれないほど数多くの活動やアート作品を手がけてきたオノさん。2011年の横浜トリエンナーレでは「TELEPHONE IN MAZE」という運がよければオノさんと生電話ができる作品は自分の番に電話がかかってこず何度か並んだ方もいらっしゃるのでは・・・?
オノさんの作品は観客が参加することで完成する作品(インタラクティブ・アート)の印象が強いですね・・・!

🔥いよいよ来週19日(金)から始まる3331 Art Fair Prime Pick
いったいどんな作品が初披露されるのでしょうか!?とても楽しみです!
実際にその目でオノ・ヨーコさんのメッセージを感じて受け取ってください!

👇👇✨もっと知りたい!オノ・ヨーコさんの情報はこちらから✨👇👇
(オノ・ヨーコさんまとめ記事)https://allabout.co.jp/gm/gc/210325/all/
(天井の絵”Ceiling Painting (YES Painting)”/個人記事)http://plginrt-project.com/adb/?p=22398
(カット・ピース/YouTube)https://www.youtube.com/watch?v=lYJ3dPwa2tI
(GLOBE PEACE/ギャラリーHP)http://360.co.jp/archives-jp/globe-peace-2/
(TELEPHONE IN MAZE/個人記事)http://kumankuman.exblog.jp/16441343/

GALLERY 360°
(HP)http://360.co.jp/