作家詳細Details

Details

Artists

黃海欣

Hai-Hsin Huang

Selection-GYM(2F体育館)Selection-GYM(2F Gymnasium)

Business Hour #1Business Hour #1

Business Hour #2Business Hour #2

「ハイ・シン・ホワンの作品は、現代社会にありふれているように見える生活の側面に焦点を当てて観察し、描写している。彼女は、例えば、家族写真、観光地や美術館のような施設にいる旅行者、銀行や床屋といったありふれた景色から、平凡な暮らしの表面下にあるものを描き出そうとしている。彼女にとって、日常生活にこそ、最も馬鹿げていて、不条理で、やっかいで、可笑しくて、悲惨で、儚く、無意味なものすべてが潜在的に存在している。ホワンの視点は、彼女が生まれたポスト80年代と称される世代から強い影響を受けており、さらにそこから独特な解釈で彼女は「快楽主義の特徴で、人々は理解しながらも、感覚を麻痺させている。悲劇的な結末が予想される場所で、人々は笑って危機や苦しむ事に慣れる。」と述べている。結局のところ、ホワンの表現は、異文化を強調し、世代的、社会政治的で明確な議論であり、そして、さらに注視していくと、私たちの環境やある種の意識からくる人々の間の通常の相互作用となる社会的な主張の一つとなる。」

「Hai-Hsin Huang's work is both an observation and depiction of contemporary life, with a specific focus on the seemingly banal aspects of life. She draws and paints familiar scenes taken from, for instance, family photos, tourists in tourists attractions, and institutions such as museums, banks and barber shops, in an effort to reveal what lies beneath the surface of life's banalities. To her, most aspects of life have the potential to be ridiculous, absurd, awkward, funny, tragic, frail, and meaningless all at once. Huang's intent is heavily influenced by the Post 80's generation into which she was born, more so from the perspective of the characteristics she describes as "[M]arked by hedonism, people seem to know more but feel less. [Where] catastrophes become assumptions; people practice suffering and crisis with laughter." Ultimately, Huang's voice is one of social commentary, highlighting cross-cultural, generational and socio-political themes that are evident, if we pay attention, in ordinary interactions between people, with our environment and with institutions of sorts. 」

黃海欣 Hai-Hsin Huang

黃海欣

Hai-Hsin Huang

1984年 台北生まれ
2009年 School of Visual Arts 大学院芸術専攻卒、アメリカ(ニューヨーク)
2018年 「The Common Places」、 Capsule Shanghai、中国(上海)
2018-2019年 「カタストロフと美術のちから展」、森美術館、東京
2019年 「Diplomacy」、Yeh Art Gallery、アメリカ(ニューヨーク)
2019年 「アート・バーゼル」、 Capsule Shanghai、アートバーゼル香港(香港)

1984 born in Taipei
2009 Graduated from School of Visual Arts, MFA Fine Arts
2018 "The Common Places", Capsule Shanghai (Shanghai, China)
2018-2019 "Catastrophe and the Power of Art",Mori Art Museum (Tokyo, Japan)
2019 ”Diplomacy”, Yeh Art Gallery, Queens (NY, USA)
2019 “Art Basel”, Capsule Shanghai, Art Basel Hong Kong (Hong Kong)

http://haihsinhuang.com

推薦者

Selector

アーツ千代田 3331

3331 Arts Chiyoda 

[推薦者コメント]

[Comment by Selector]

台湾出身でニューヨークに拠点を置くハイ・シン・ホワンの絵画作品は、ユーモラスで日常生活の風景に鋭く切れ込みを入れる。ハイ・シンは2018年1月から2月の間にAIR 3331 に滞在した後、森美術館で開催された「カタストロフと美術のちから展」(2019)において作品が展示された。何百人もの花嫁が完璧なドレスを巡って死闘をする狂乱の風景、燃えるクリスマスツリーを無視する家族など、ハイ・シンは台湾とアメリカ文化の文脈から彼女の鋭い視点を据えた作品を制作している。同様に、東京でのレジデンス滞在中も、鳶服を着て虚勢をはる建築現場の男性、銭湯でつまらない冗談をいう男性、銀座のOLやサラリーマンがランチを求め、川の流れのような列をなしている様子など、日常の文化を彼女独自の視点で拾い上げ、大量のスケッチと、コラージュ作品を制作した。

         

Born in Taiwan and currently based in New York City, Hai-Hsin Huang paints humorous, sometimes stabbing scenes of everyday life. Hai-Hsin participated in the AIR 3331 program between January to February 2018 and went on to show her paintings in the exhibition, “Catastrophe and the Power of Art”, held at Mori Art Museum in 2019. In her career, Hai-Hsin has laid her sharp eye on Taiwanese and American cultural contexts – hysterical scenes of hundreds of brides to-be in a life-or-death battle for the perfect dress; or a family that blinds their eyes from a Christmas tree roaring in flames. Likewise, during her time in Tokyo, Hai-Hsin picked up on aspects of everyday culture with tons of drawings and playful collages such as the swagger of a Japanese construction worker in parachute-like bottoms, men making jokes in the Sento bath, and Ginza office ladies and salarymen in a procession to get lunch like a stream in a river.