作家詳細Details

Details

Artists

Hui Serene Sze Lok

Hui Serene Sze Lok

Selection-GYM(2F体育館)Selection-GYM(2F Gymnasium)

「ホイ・セリーヌ・スー・ロクは、様々なメディアの可能性を探ることに焦点を当て、メディアムの枠を超えた作品を制作する。セリーヌは日用品を活用することで、瞬間ごとの経験や環境に対して曖昧な問いを投げかける。スペースやオブジェを通して、日常における私たちの価値観を掘り起こし、様々な物やイメージが私たちの存在する場所と時間にどう意味を与えるのか探求している。 」

「Hui Serene Sze Lok works beyond any single medium; focusing on the qualities and possibilities of various media. Making use of quotidian objects, Serene asks equivocal questions to respond to the environment and experiences of the moment. Working with space and objects allows her to investigate the value we place on daily matters, and explore how different objects and imagery ascribe meaning to the place and time we exist in. 」

Hui Serene Sze Lok

Hui Serene Sze Lok

Hui Serene Sze Lok

1992年 香港生まれ
2019 - 2021年 ハーグ王立美術学院 M.A. Artistic Research、ハーグ、オランダ
2017年 「無何有之香 (香りと線香と…)」、Literature x Visual Arts Exhibition, Hong Kong House of Literature、香港
2018年 「Affordable Art Fair」、Hong Kong、香港
2018年 「語られなかったコトバたち、そしてそれを忘れゆく・・・」、アーツ千代田 3331、東京
2018年 「A Song A Zine」、dotdotdot studio、香港
2019年 「FOLKLORE」、BEDROOM、香港

1992 Born in Hong Kong
2019 - 2021 Royal Academy of Fine Art The Hague, M.A. Artistic Research (The Hauge, Netherlands)
2017 "無何有之香 (Fragrance, incense and more)", Literature x Visual Arts Exhibition, Hong Kong House of Literature (Hong Kong)
2018 "Affordable Art Fair”, Hong Kong (Hong Kong)
2018 "Words Unsaid, Then Forgotten”, 3331 Arts Chiyoda (Tokyo, Japan)
2018 "A Song A Zine”, dotdotdot studio (Hong Kong)
2019 “FOLKLORE”, BEDROOM (Hong Kong)

推薦者

Selector

アーツ千代田 3331

3331 Arts Chiyoda 

[推薦者コメント]

[Comment by Selector]

ホイ・セリーヌ・スー・ロクは2018年に6月から約1ヶ月間AIR 3331に滞在した。 コンセプチュアル・アーティストとしてヴェネチア、イタリア、オランダ、アイスランドに滞在し、サイトスペシフィックなプロジェクトに焦点を当てている。日本において、彼女は蚤の市で手に入れた物を使用し、失った場所、思考、時間を想像させるインスタレーションを制作した。この作品空間においては、文学作品からの引用、詩的作品、ホイ・セリーヌの個人的な考察が視覚的表現やオルゴールの音によって記録され、好奇心をそそる言葉とともに表現されている。詩的作品、哲学的なインスタレーション、壁に反射した光の追跡、彼女が生み出すイメージがすべて重厚で質感の高いアーティストブックとして記録されており、それは私たちを新しい領域へと導く地図のようである。現在、彼女はオランダに拠点をおいて活動しており、更なる活躍が期待される。

         

Hui Serene Sze Lok from Hong Kong participated in a residency at AIR 3331 from June to July of 2018. Having been active as a conceptual artist in locations including Venice, Italy, The Netherlands, and North Iceland, Hui Serene has always focused on site-specific projects. Here in Japan, she scavenged flea markets, appropriating the objects to form an installation in which viewers lose their footing of space, thought, and time. In this space, quotations of literature, poetry, and Hui Serene’s personal thoughts ran alongside visuals and curious language recorded by sounds of a music box. In every piece – from poetic and philosophical installations, the tracking of phenomena like light reflected on a wall, to her image-rich and textural artist books – Hui Serene creates a new map of the universe for us to explore. Today, she is based in The Netherlands, from where we can expect even more developments to her creative practice.