作家詳細Details

Details

Artists

高橋 大輔

Daisuke Takahashi

Selection-GYM(2F体育館)Selection-GYM(2F Gymnasium)

眩しいDazzling

白昼夢#2(オレンジ)Daydream#2 (orange)

「あらゆるものを描きたいと思っている。」

「I want to draw everything.」

高橋大輔

高橋 大輔

Daisuke Takahashi

1980年 埼玉生まれ
2005年 東京造形大学造形学部美術学科絵画専攻卒業
2016年「NEW VISION SAITAMA5 迫り出す身体」埼玉県立近代美術館、埼玉
2018年「高橋コレクション 顔と抽象-清春白樺美術館コレクションとともに-」光の美術館 清春芸術村、山梨
2018年「眠る絵画」、Viewing Space、URANO、東京
2018年「自画像」、Art Center Ongoing、東京
2019年「specimen(s)」、EUKARYOTE、東京

1980 Born in Saitama
1980 Graduated from Tokyo Zokei University, Tokyo (BFA)
2016 “The Emerging Body”, The Museum of Modern Art, Saitama(Saitama, Japan)
2018 “Face And Abstraction, -Takahashi Collection-”, Kiyoharu Art Colony, (Yamanashi,Japam)
2018 “Sleeping Painting” Viewing Space, URANO, (Tokyo,Japan)
2018 “Self-Portrait” Art Center Ongoing, Tokyo (Tokyo,Japan)
2019 “specimen(s)”, EUKARYOTE,(Tokyo,Japan)

https://daisuke.official.jp/

推薦者

Selector

小金沢 智

Satoshi  Koganezawa

太田市美術館・図書館学芸員

Curator, Art Museum & Library, Ota

[推薦者コメント]

[Comment by Selector]

私がはじめて高橋大輔さんの絵を見たのは、2010年前後だった。油絵具をこれでもかと使い、厚く盛った抽象的な画面。横から見ると絵具が支持体から飛び出している。それは、絵が、絵具の集積であるという単純な事実を私に教えるとともに、その事実に対して「わかったふり」をせず、向き合った上で絵を描いていくという画家の気概を感じさせた。だから、それから約10年を経て、高橋さんの絵が、厚塗りもあれば薄塗りもあり、抽象的なものだけではなくモチーフが比較的明らかな具象的なものもあり、はたまた文字が描かれて(書かれて)いようとも、私はけっして驚かない。高橋さんが、ただ一筋に、「わかったふり」をせず、真っ向から絵を描き続けていることの証左だからだ。

         

I first saw Daisuke Takahashi's paintings around 2010. They were thick, abstract paintings with plenty of oil paints. When seen from the side, the paint was protruding from the supports. It not only taught me the simple fact that a painting is a collection of paints, but also the painter's spirit of facing that simple fact when painting rather than pretending to understand it. And now, almost 10 years later, Takahashi has not just thick paintings but also thin paintings, and not just abstract paintings but also some with relatively clear and defined motifs. I will not be surprised if there are even paintings with words drawn (or written) on them. This is because it is proof that Takahashi has unwaveringly kept an honest attitude towards painting, and never "pretended to understand".