作家詳細Details

Details

Artists

小林 椋

Muku Kobayashi

Selection-GYM(2F体育館)Selection-GYM(2F Gymnasium)

「モノがある機構に挿入されたり、その運転へ加担することによって生じる性質の発現や疲弊の様子を観察すること。ある機構そのものの仕組みを誤読させたり飛躍させたりするモノを挿入することによって、もう一つのシステムを思索すること。」

「Observing the manifestation and exhaustion of qualities that arise when being involved in movement, such as that of physical objects being inserted into systems. Thinking of a new system by inserting a physical object that produces incorrect readings and jumps in the mechanisms of a system itself.」

小林 椋

小林 椋

Muku Kobayashi

1992年 東京都生まれ
2019年 京都市立芸術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了
2017年 「エマージェンシーズ!032『盛るとのるソー』」、NTTインターコミュニケーションセンター[ICC]、東京
2018年 「ローのためのパス」、ギャラリー16、京都
2018年 「プールの輪にワニ」、ギャラリーN、愛知
2019年 「フィジーク トス」、アキバタマビ21、東京
2019年 「ソテツとてつもなく並」、ギャラリー16、京都

1992 Born in Tokyo
2019 Graduated from Kyoto City University of Arts M.F.A, Sculpture
2018 “emergencies! 032 “Moru to Noru Sou”” NTT InterCommunication Center (ICC) (Tokyo, Japan)
2018 “Pass for Low” galerie16 (Kyoto, Japan)
2018 “Pool no Wa ni Wani” gallery N (Aichi, Japan)
2019 “Physique tos ” akibatamabi21 (Tokyo, Japan)
2019 “Cycad, inordinate ordinary” galerie16 (Kyoto, Japan)

https://pocopuu.net/

   

推薦者

Selector

中村 史子

Fumiko  Nakamura

愛知県美術館 学芸員

Curator, Aichi Prefectural Museum of Art

[推薦者コメント]

[Comment by Selector]

モニターやビニルチューブが断続的に動く小林椋(1992-)の作品は、機械のメカニズム模型のような風貌を備えており、デュシャンはじめ機械に魅入られた前衛作家を彷彿とさせます。また、カメラとモニターが作り出す再帰的なイメージ構造は、初期ビデオ・アートとも通じるところがあります。これら美術史上の様々な営為と接続可能な小林の作品ですが、ぽってりとしたオブジェの形態や、ポップな色彩、妙に有機的な機材の動き、そして言葉遊びめいたタイトルに大きな特徴があります。過去の営為を引き受けつつ、楽しげに更新している感じが強くあります。

         

Muku Kobayashi’s works involve monitors and vinyl tubes that move intermittently. They look like the models of mechanisms of machines, and they evoke Marcel Duchamp and other avant-garde artists who were entranced by machinery. Furthermore, the recursive structure of the images which the cameras and monitors create shares a commonality with early video art. Thus, Kobayashi’s work can be connected to various endeavors found in the history of art. However, the plump forms of the works, pop colors, strangely organic movements of the equipment, and wordplay-like titles make his creations distinct to him. It strongly feels like he has taken on the works of his predecessors, and he is having fun putting out updates.