作家詳細Details

Details

Artists

鈴木 理策

Risaku Suzuki

3331 select(2F体育館)3331 select(2F Gymnasium)

Sensation 09,C-58Sensation 09,C-58

「ポール・セザンヌの「サント・ヴィクトワール」が肖像画の背景や宗教的意味といった役割から脱し、「山そのもの」を初めて描いた絵画であると知った時、そこに強い写真性を感じて2000年から南仏での撮影を重ねた。「Sensation」はセザンヌのアトリエを中心とするシリーズ。当時のままの残されているテーブ ルや静物など、室内のあらゆる細部が新しい絵画が生まれることを待ち続けているようだった。セザンヌがそこで過ごした時間が自分の内に流れるのを感じ、彼の視線をたどるように撮影した。」

「I visited several times Aix-en-Provence because I felt a strong photographic nature with Paul Cézanne’s Mont Sainte Victoire when I learned that it was the first painting that took the mountain as it subject. Before Cézanne, mountains were generally painted as religious metaphors or as the scenery for portraits. Sensation is the series about Cézanne’s atelier. The table, the skeletons on the chest -- everything in the room looked as if it was still waiting for a new creation by the painter. I felt as if Cézanne was present at the painter’s time. Sensation is an attempt to visualize the memories that dwell in materials.」

鈴木 理策

鈴木 理策

Risaku Suzuki

1963年 和歌山生まれ
1987年 東京綜合写真専門学校卒業
2015年 「意識の流れ」、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館 / 東京オペラシティアートギャラリー、香川 / 東京
2016年 「意識の流れ・水鏡」、田辺市立美術館・熊野古道なかへち美術館、和歌山
2018年 「Mirror Portrait」、タカ・イシイギャラリー、東京
2018年 「Water Mirror」、Christophe Guye Galerie、チューリッヒ
2018年 「知覚の感光板」、キャノンギャラリーS、東京

1963 Born in Wakayama
1987 Graduated from Tokyo Collage of Photography Research Department
2015 “Stream of consciousness” Marugame Genichiro-Inokuma Museum of Contemporary Art / Tokyo Opera City Art Gallery (Kagawa / Tokyo, Japan)
2016 “Stream of consciousness, Water Mirror” Tanabe City Museum of Art, Kumanokodo Nakahechi Museum of Art (Wakayama, Japan)
2016 “Mirror Portrait” Taka Ishii Gallery (Tokyo, Japan)
2018 “Water Mirror” Christophe Guye Galerie (Zurich, Switzerland)
2018 “La plaque sensible” Canon Gallery S (Tokyo, Japan)

http://www.risakusuzuki.com