Artists

Artists

後藤 あこ

Ako Goto

Selection-GYM(2F 体育館)Selection-GYM(2F Gymnasium)

昔、舞台で母は他人を演じ、私が描いた絵は舞台美術の一部となった。役になった母に「早く帰ろう」と話しかける、返事はない。そんなことが起こるたび疑問を抱く、これは「虚構」だろうか?「現実」だろうか? ストーリーの中で起こった出来事はおそらく虚構、でも流れた時間は現実で、彼女は確かにそこに居る。いや、本当にそうだろうか。「虚構」と「現実」のどちらに偏ってしまっても正確に見ることはできない。存在をつかまえることは、いつだってとても難しい。

In the past, my mother played different people theater on the stage, and pictures I drew became part of the stage art. Whenever I said to my mother " Let's go home early " and she gave no reply. I asked myself: Is this "fiction"? Is this "reality"? The events that happened in this story are probably fictional, but the time passed is real, and my mother was certainly there.
Well, is this real?
You cannot see accurately, even if something tends to "fiction" or "reality".It is always very difficult to catch its existence.

後藤 あこ

Ako Goto

1989年  名古屋生まれ
2014年  愛知県立芸術大学大学院美術研究科博士前期課程彫刻領域 修了

2020年  「ら抜きの仕草」、アートラボあいち、愛知
2019年  「瀬戸現代美術展2019」、瀬戸サイト、愛知
2019年  「群馬青年ビエンナーレ2019」、群馬県立近代美術館、群馬
2015年  「アーツ・チャレンジ2015」、愛知芸術文化センター、愛知
2014年  「アートアワードトーキョー丸の内2014」、行幸ギャラリー、東京

1989  Born in Nagoya
2014   M.A. in sculpture, Aichi Prefectural University of Arts and Music

2020  "Ranuki's gesture", ART LAB AICHI, Aichi
2019  "SETO Contemporary Art Exhibition 2019", SETO SITE, Aichi
2019  "Gunma Youth Biennale 2019", The Museum of Modern Art Gunma, Gunma
2015  "ARTS CHALLENGE 2015", Aichi Arts Center, Aichi
2014  "art award tokyo marunouchi 2014", Venues Marunouchi, Tokyo

https://akogotou.wixsite.com/home

 

推薦者

Selector

能勢 陽子

Yoko Nose

豊田市美術館 学芸員

Curator at Toyota Municipal Museum of Art

[推薦者コメント]

 

陶や粘土を素材に用いる後藤あこの作品は、彫刻という領域が曖昧になりつつある現在、それでも彫刻らしくそこにある。作品はあくまで重量と時に巨大さを伴って、相当な労力をかけてできあがっただろう実体を持つが、その半分が鏡に映った虚像であったり、人体像の裏面が刳り抜かれて空洞を見せたりして、実体と虚像やその裏側が鮮烈かつ意外な対比をみせる。後藤の作品においては、実体が触覚を伴う確かな重さを持っているからこそ、虚像の空洞がリアルな欠如として現れてくるのである。確固とした実体の反転としての虚が作る影は、強く濃い。