Artists

Artists

榎本 浩子

Hiroko Enomoto

Selection-GYM(2F 体育館)Selection-GYM(2F Gymnasium)

Care/Cure #1Care/Cure #1

Care/Cure #2Care/Cure #2

Care/Cure #3Care/Cure #3

Care/Cure #6Care/Cure #6

Care/Cure #7Care/Cure #7

Care/Cure #8Care/Cure #8

Care/Cure #13Care/Cure #13

Care/Cure #14Care/Cure #14

Care/Cure #15Care/Cure #15

Care/Cure #17Care/Cure #17

Care/Cure #18Care/Cure #18

Care/Cure こぼれる(水差し#1)Care/Cure こぼれる(水差し#1)

Care/Cure こぼれる(水差し#1 red)Care/Cure こぼれる(水差し#1 red)

Care/Cure こぼれる(ミルクポット)Care/Cure こぼれる(ミルクポット)

数年前、すべての行動に価値を感じられなくなる無気力な日々が続いた時期。ただぼんやりと庭を見つめる時間が増え、庭を見ているうちに日々のささやかな楽しみとして植物を育てるようになるといつの間にか無気力な日々は過ぎ去っていた。この時間をかけて自分を修復していった記録を下地に、自分のために使っている薬草や蜜蝋を素材として傷を修復するための制作を行っている。

Hiroko Enomoto went through a period some years past when every day seemed pointless and all actions meaningless. But as she spent more time idly in her garden, raising plants while enjoying the outdoor scenery became a source of happiness for her and she escaped that sense of lacking meaning. Building from a record she kept of her own recovery, she creates healing works featuring materials she uses for her own sake, such as herbs and beeswax.

Photo by Sawako Kanai

榎本 浩子

Hiroko Enomoto

1986年  群馬生まれ
2011年  女子美術大学大学院美術研究科修了

2020年  「時間をかけて治る傷」、ya-gins、群馬
2019年  「ソウウレシ」、旧本間酒造、群馬
2019年  「The course of true love never did run smooth」、EUKARYOTE、東京
2017年  「群馬の美術 2017」、群馬県立近代美術館、群馬
2016年  「日常のフィクション 日英アーティスト達が紡ぐ6つの物語」、アキバタマビ21、東京

1986  Born in Gunma
2011  Joshibi University of Art and Design, M.F.A., Painting

2020  "The scar is healing slowly", ya-gins, Gunma
2019  "Soureshi", Honma Shuzo Registered Tangible Cultural Property, Gunma
2019  "The course of true love never did run smooth", EUKARYOTE, Tokyo
2017  "Contemporary Art in Gunma 2017", The Museum of Modern Art,Gunma, Gunma
2016  "everyday fiction", AKiBA TAMABi21, Tokyo

http://hirokoenomoto.com

 

推薦者

Selector

今井 朋

Tomo Imai

アーツ前橋 学芸員

Curator, Arts Maebashi

[推薦者コメント]

 

"彼女の作品を初めて目にしたのは「群馬青年ビエンナーレ2015」で大賞を受賞した時だった。彼女の作品を見ていると自然と内側からこみあげてくるものがある。哀傷という感情が一番近いかもしれないが、それは決して絶望に変わるものではなく、そこにはささやかな日常をそっと撫でるような体温も感じられる。 数年間、家に引きこもる弟を中心に構成される彼女の家族。家族はとても近しい他者で構成されるがゆえに複雑な存在だ。近作《Care/Cure こぼれる》を見た時、私は完全に感情移入をしていた。心が傷つけられた過去の経験がフラッシュバックする。彼女は自分の庭にカレンデュラの種を蒔き、育て、成分を抽出し、石鹼を作り、それらを素材にインスタレーションを制作する。それらの作品には、多様な時間が内包されている。Careだけでは、治らない傷が、時間とともにCureに変化し、深かった傷もいつしか癒えてゆくのかもしれない。それは、彼女だけでなく、私も、そしてあなたも。"