Artists

Artists

大久保 紗也

Saya Okubo

Selection-GYM(2F 体育館)Selection-GYM(2F Gymnasium)

絵画は、物体とも平面とも捉えられるあいまいなものです。画面にモチーフを落とし込むとき、輪郭線として表される二次元的な表現と、物質感を伴うフェノメラルな像のうねりとが絵画の上に混在し、そしてその要素は認識される中で時に溶解し混同され、時に分離し切断される。ラインはあるモチーフを象ろうとしながらも、描き損じなどの身体的エラーによって輪郭は崩され、マチエールを伴った色彩には記憶や感情がのる。像を成そうとするが崩壊してもいる。ものの輪郭をたどる前に認識している感覚、印象、行為性を描いています。

Paintings are ambiguous things that can be understood both as objects and planes. When applying a motif to a surface, the two-dimensional representations, expressed as contour lines, and the phenomenal undulation of the image arising with materiality coexist over the painting. As they are recognized by the viewer, these elements are sometimes dissolved and confused, and sometimes separated and disconnected.

The lines try to represent a certain motif, but the contours are broken by physical errors such as poorly drawn lines, and the colors with matière carry memories and emotions.
The work tries to form an image, but it also collapses.

I am trying to depict the sensations, impressions, and actions that we recognize before we trace the contours of things.

photo by Hidenori Suzuki

大久保 紗也

Saya Okubo

1992年  福岡生まれ
2017年  京都造形芸術大学大学院芸術専攻ペインティング領域 修了

2020年  個展「They」、WAITINGROOM、東京
2019年  グループ展「大鬼の住む島」、WAITINGROOM、東京
2018年  個展「a doubtful reply」、WAITINGROOM、東京
2017年  グループ展「第4回CAF賞入賞作品展」、代官山ヒルサイドフォーラム、東京

1992  Born in Fukuoka
2017  Kyoto University of Art and Design, Master’s degree, Oil Painting

2020  solo exhibition "They", WAITINGROOM, Tokyo
2019  group exhibition "Island with Oni", WAITINGROOM, Tokyo
2018  solo exhibition "a doubtful reply", WAITINGROOM, Tokyo
2017  group exhibition "The 4th CAF Award - Winning Award Exhibition", Daikanyama Hillside Forum, Tokyo

https://sayaokubo.com/

推薦者

Selector

アーツ千代田 3331

3331 Arts Chiyoda 

[推薦者コメント]

 

下地に描いた上からマスキングテープを固定させて、さらにその上に絵具をのせて乾く前にテープを剥がすその大胆な手法は、ペインティングとコラージュ、平面上の3次元的な立体感、人体のパーツや日常的ポーズのモチーフの具象性と抽象性など、様々な相反する要素が絡み合っている。大久保のその計算されたバランス感覚と、大胆さの先にある想定外の身体的表現を同時に表現する作風は、観賞しているこちらにとても心地よい自由さと躍動感を感じさせ、展示で拝見するたびに自分の生活の一部に置いておきたいと思わせる。NYでの滞在制作や、公募グループ展『第4回CAF賞入賞作品展』(代官山ヒルサイドフォーラム、東京)での白石正美賞受賞を経験し、今後もその作品が大きく注目されている作家の1人だ。