Artists

Artists

早崎 真奈美

Manami  Hayasaki

Selection-GYM(2F 体育館)Selection-GYM(2F Gymnasium)

Dust of the Universe -微塵- #10Dust of the Universe -Mijin- #10

自然科学史と人間との関係、生物の生態系に興味を持ち、「生と死」「善と悪」「美と醜」等、二元性の視点から人間そのものを考察しています。科学的と思われているものの中に起こる矛盾や小さなエラーに人間らしさが潜んでいると考え、エゴ、執着心、偏見など人間の本質を探る作品を展開しています。インスタレーションで使う紙のオブジェは曖昧な境界のメタファーと言えると考えています。紙から切り出したイメージは、平面の要素を強く持ちながらも、空間に配置されることで、平面と立体との間の曖昧な存在となります。

I am interested in the relationship between humans and the history of natural science, and ecosystems. I examine human beings from the perspective of duality, such as ‘life and death’, ‘good and evil’ and ‘beauty and ugliness’. I believe humanity lies in the contradictions and small errors that sometimes occur in what is thought to be scientific. My work explores the inner nature of human beings, such as egoism, obsession and prejudice. The paper objects used in the art installation act as a metaphor for ambiguity. Paper cutouts are primarily flat, however they cast a shadow when arranged in space, and become difficult to define whether they are two-dimensional or three-dimensional.

早崎 真奈美

Manami  Hayasaki

1980年  大阪生まれ
2007年  チェルシーカレッジ・オブ・アート・アンド・デザイン、BA ファインアート卒業

2021年  「中之条ビエンナーレ」、かいこの家、群馬
2020年  「六甲ミーツ・アート芸術散歩2020」、六甲山カンツリーハウス、神戸
2019年  「Find Whispers of the Planet」、佛山岭南天地、佛山
2019年  「BankART AIR 2019」、BankART Station、横浜

1980  Born in Osaka
2007  BA Fine Art, Chelsea Collage of Art and Design

2021  "Nakanojo Biennale 2021", Kaiko House, Gunma
2020  "Rokko Meets Art 2020", Rokkosan Country House, Kobe
2019  "Find Whispers of the Planet", Foshan Lingnan Tandi, Foshan
2019  "BankART AIR 2019", BankART Station, Yokohama

http://www.manamihayasaki.com

推薦者

Selector

アーツ千代田 3331

3331 Arts Chiyoda 

[推薦者コメント]

 

東京を拠点に活動している早崎真奈美さんは、生物学、生態学といった自然科学と人間の関係性を彼女独自の視点で考察し、そこから垣間見える人間のエゴや執着心を探る作品を制作している。紙を切りとって空間に配置した作品は平面と立体の境目が揺れ動き、その様子は見る者に「二元性」の合間にある曖昧さを連想させる。紙という素材が持つ表現の可能性を探りながら、年々規模の大きな作品に取り組んでいるが、切り取られる線の繊細さを深めており、そこから想像される膨大な作業量と熱量も魅力のひとつである。