Artists

Artists

笠原 出

Izuru  Kasahara

Selection-GYM(2F 体育館)Selection-GYM(2F Gymnasium)

人の一過性の感情表出の一つである「笑い」その複雑な層を切り口に作品を通じて問いかけ展開しています。初期の心理学的な面でのアプローチから近年は神話などを通じ、民俗学的視点におけるアニミスティックな「笑い」のあり方を探究しています。近作「ふわりんぼ」(Fluffy Limbo)シリーズは「現世」(うつしよ)と「常世」(とこよ)の間(Limbo)にふわふわ(Fluffy)存在するもの、ライプニッツのモナドや素数のように無限に現れては消える「笑う霊素」として還元し、金属箔で現出させてみました。

Laughter/smiling is one of the passing expressions of human emotion. I explore it and develop my art through works that delve into its complicated layers. In my early output, I approached the subject from the psychological aspect. In recent years, however, I have been researching the shape of animistic "laughter" from the folklore perspective, through studies of myths and other areas.

My recent Fluffy Limbo series is concerned with the fluffy entities existing in the limbo between utsushiyo (this transient world) and tokoyo (the eternal, unchanging one). I have reduced these to "laughing reiso" that endlessly appear and disappear, like Leibniz's monads and primary numbers. (Literally translating "spirit-element," the term reiso is a coinage indicating something fundamental and indivisible, like chemical elements and prime numbers.) I tried depicting them with metallic leaf instead of pigment. Lately, I have been not only working in oil paints but also exploring depiction with watercolors. - Izuru Kasahara

笠原出

mask: Satoru Aoyama

笠原 出

Izuru  Kasahara

1969年  静岡県生まれ
1994年  東京藝術大学美術研究科修士課程漆芸専攻修了

2021年  「観光/ふわり火」、museum shop T、東京
2021年  「ローデッド」、GALLRERY TAGA2 、東京
2020年  「かくれんぼとふわりんぼ」、照恩寺、東京
2019年  「インテル・メディウム」、GALLRERY TAGA2 、東京

1969  Born in Shizuoka
1994  Graduated from Tokyo University of the Arts Graduate School of Fine Arts  Department of Crafts (Urushi-Art)

2021  "Sightseeing / Fluffy fire", museum shop T, Tokyo
2021  "Loaded", GALLRERY TAGA2 , Tokyo
2020  "Ignis fattus and Fluffy limbo" ,  Sho-onji temple , Tokyo
2019  "Inter medium", GALLRERY TAGA2 , Tokyo

 

推薦者

Selector

Gallery KIDO Press

Gallery KIDO Press 

[推薦者コメント]

 

笠原出さんは「笑い」の行為、感情、心理など様々な視点から作品を展開し「笑い」のもつ複雑な層を表現してきました。 近年は作家自身が触発された風景に民俗学、宗教学的な関心から生まれたふわふわと現れる『笑う霊素』が漂う作品を発表しています。その風景は作家が想いをはせる「現世(うつしよ)」か「常世(とこよ)」か、『笑う霊素』たちがその境界線上に存在しています。(霊素とは元素や素数といった根本的で整除できない新しい造語) 確かな描写力の中に隠された現世/常世の不安定さを示唆する作品です。