Artists

Artists

稲田 早紀

Saki  Inada

Selection-GYM(2F 体育館)Selection-GYM(2F Gymnasium)

mother(魚のように)mother ( like a fish )

草花の姿を、鉛筆とアクリル絵の具をうすく重ねることで描いています。私にとって身近に生える草花に触れる行為は、祈ることやお守りを作ることと似ています。それは邪気を払うために植物を使い、自然を神様として信仰する日本古来の感覚とつながっているのかもしれません。ひとりひとりの小さな神さまの姿を写し取るように、造形の美しさやその瞬間の間合いの感覚を拾い上げていくことを意識しています。

I draw weeds with pencils and acrylic paints.
For me, the act of touching the weeds that grow around me is similar to praying or making good luck charms.
Perhaps it is connected to the ancient Japanese sense of using plants to ward off evil spirits and believing in nature as a god.
I am conscious of picking up the beauty of the form and the sense of pause in the moment, as if I were capturing the image of each little god.

稲田 早紀

Saki  Inada

1988年  大阪生まれ
2011年  京都市立芸術大学 美術学部美術科油画専攻 卒業

2021年  「稲田早紀 ドローイング展」、Nii Fine Arts / シガ食堂、大阪 / 愛知
2020年  「稲田早紀 展 -遠い 遠い お話-」、Nii Fine Arts、東京 / 大阪
2020年  「ART NAGOYA 2020」、ホテルナゴヤキャッスル、愛知
2019年  「稲田早紀 展」、あべのハルカス アートギャラリー、大阪
2019年  「ART OSAKA 2019」、ホテルグランヴィア大阪、大阪

1988  Born in Osaka
2011  Graduated from oil painting course at Kyoto City University of Arts

2021  "Saki Inada drawing exhibition", Nii fine Arts / Siga Shokudo, Osaka / Aichi
2020  "Saki Inada solo exhibition", Nii Fine Arts, Tokyo / Osaka
2020  "ART NAGOYA 2020", HOTEL NAGOYA CASTLE, Aichi
2019  "Saki Inada solo exhibition", abeno-HARUKASU art gallery, Osaka
2019  "ART OSAKA 2019", HOTEL GRANVIA OSAKA, Osaka

https://inako-artworks.jimdofree.com/

 

推薦者

Selector

Nii Fine Arts Tokyo

Nii Fine Arts Tokyo 

[推薦者コメント]

 

稲田早紀(1988年生まれ、大阪在住)は京都市立芸術大学で油画を学んだ。当時は摘んだ草花を燃やしその灰を使って作品制作していたという。次第に繊細な作風へと変わり、鉛筆とアクリル絵具を薄く塗り重ねていく手法で制作するようになる。近年は、土や根といったモチーフにより焦点が当てられており、草花の命の根源へより深く掘り下げようとする意識の変化がうかがえる。草花への造形的な好奇心と古来より日本人に受け継がれてきた自然への崇拝や感謝の念、祈りが混じり合うような、独自の世界観をぜひ体感してもらいたい。