Artists

Artists

鈴木 操

Sou Suzuki

Selection-GYM(2F 体育館)Selection-GYM(2F Gymnasium)

柔らかいものが硬いものへと変化していく事象は、私の身体の流れを緩やかに変えていき、彫刻という事物へと向かうきっかけとなります。人間の現在性に関わる彫刻は、時間的・空間的な形式であることに先立ち、根源的に生の触媒として存在します。そして生が不可避的に抱えてしまうニヒリズムと、どのように向き合うか問うための意志として発現します。その意味において彫刻は、精神をあらわす器としてあるのではなく、むしろ精神という存在へ向けた懐疑を通して、そこから立ち上がる存在の総和に形を与えるプロトコルとして駆動します。

The phenomenon of softness transforming into hardness triggers me to gradually change the lines of my own body and move toward the sculptural. Linked to the in-the-moment nature of human beings, sculpture exists first and fundamentally as a raw catalyst before taking on any temporal or spatial form. Sculpture also manifests as the will to question how to face the nihilism that life inevitably holds. In that sense, sculpture is not a tool for mirroring the spirit. Rather, by questioning the very existence of the spirit, sculpture becomes a means of giving form to the sum of existence that rises from that skepticism.

鈴木 操

Sou Suzuki

1986年  東京生まれ
2007年  文化服装学院卒業

2021年  「BALMUNG 2021 A/W collection "N//O//T"」、Rakuten Fashion Week TOKYO、東京
2020年  企画「the attitude of post-indaustrial garments」、MITSUKOSHI CONTEMPORARY GALLERY(Organized as part of the "荒地のアレロパシー" Exhibition)、東京
2019年  企画「彫刻書記展」、四谷未確認スタジオ、東京
2018年  個展「open the door,」、roomF準備室、東京
2015年  個展「記憶喪失の石灰 - Amnesia Lime -」、TAV GALLERY (Organized by 西田編集長)、東京

1986  Born in Tokyo
2007  Graduated from Bunka Fashion College

2021  "BALMUNG 2021 A/W collection「N//O//T」", Rakuten Fashion Week TOKYO, Tokyo
2020  "the attitude of post-indaustrial garments", MITSUKOSHI CONTEMPORARY GALLERY(Organized as part of the "Allelopathy of wasteland" Exhibition), Tokyo
2019  "Choukokusyokiten", yotsuyamikakuninstudio, Tokyo
2018  Sole Exhibition "open the door,", roomF, Tokyo
2015  Sole Exhibition "Amnesia Lime", TAV GALLERY (Organized by Atsushi Nishida), Tokyo

 

推薦者

Selector

西田編集長

Atsushi Nishida

インディペンデント・キュレーター / プロジェクト・マネージャー

Independent Curator / Project Manager

[推薦者コメント]

 

鈴木操は、1986年生まれ。彫刻がたどった複雑な歴史と批評を現代的な観点から問い直す作品を手がけます。鈴木のこれまでの主な作品には、日本で発展した漆喰を用いて制作されるレリーフ、鏝絵 (こてえ​​) のあり得たかもしれない姿としての立体の漆喰彫刻や、廃棄物をベルベットの布地で包み込みんで圧縮袋に詰め、それら数個を固定用のベルトでまとめ、輸送に使用した段ボール箱を台座とする作品などがあります。鈴木の作品は一見して分かりやすさと分かりにくさが混在していますが、それらは一様に「有限性とは何か」について問い、アプローチしているのです。本展では、鈴木にとって新たな試みとなる漆喰と風船を素材とする新作の彫刻作品を発表します。