作家詳細Details

Details

Artists

前田 エマ

Emma Maeda

Selection-GYM(2F体育館)Selection-GYM(2F Gymnasium)

「オーストリア ウィーン芸術アカデミーに留学経験を持ち、在学中からペインティング、写真、朗読など、その分野にとらわれない活動が注目を集める。数々の芸術祭やファッションイベント、様々な企業とのコラボレーションも積極的に行う。現在はファッションやアートについてのエッセイを雑誌やウェブサイトにて多数執筆中。昨年は「瀬戸内国際芸術祭2019」にフューチャーしたTOKYO FMのラジオ番組で9ヶ月間パーソナリティを務めた。3月20日から始まる「いちはらアート×ミックス2020」では、アーティストとして参加。」

「Studying at the Academy of Fine Arts Vienna in Austria, Maeda attracted attention with her borderless activities, including painting, photography and reading performance. She has taken part in many art festivals, fashion events and collaborations with various corporations. Currently, she writes essays on fashion and art in magazines and online. For 9 months last year she worked as a radio presenter on a TOKYO FM radio show about the Setouchi Triennale 2019. She is a participating artist in “Ichihara Art x Mix 2020” starting March 20th. 」

前田エマ

前田 エマ

Emma Maeda

1992年 神奈川県生まれ
2015年 東京造形大学美術学科絵画専攻卒業
2015年「青参道 アートフェア」、IOSSELLIANI、東京
2016年「VOCA展」、上野の森美術館、東京
2018年 個展「失う目」、Fluss、東京
2018年「山形ビエンナーレ」、東北芸術工科大学、山形
2018年「SELECTED ART FAIR 蒐集衆商」、青山スパイラル、東京

1992 Born in Kanagawa
2015 Graduated from Tokyo Zokei University,Painting
2015 "Aosando Art Fair” IOSSELLIANI (Tokyo, Japan)
2016 "VOCA" The Ueno Royal Museum (Tokyo, Japan)
2018 "solo exhibition” Fluss (Tokyo, Japan)
2018 "Yamagata Biennale" Tōhoku University of Art & Design (Yamagata, Japan)
2018 "SELECTED ART FAIR shu shu shu show" SPIRAL AOYAMA (Tokyo, Japan)

https://nfbnfb.co.jp/model/emma_maeda/

 

推薦者

Selector

宮本 武典

Takenori  Miyamoto

キュレーター

Curator

[推薦者コメント]

[Comment by Selector]

前田エマとは、その存在じたいが、「アート」を賢く美しく所有し、人生の様々なシーンに活かしていくメディアだと思う。モデル、エッセイ、写真、ペインティング、朗読、ラジオなど、ジャンルレスな表現がどこかノスタルジックなのは、彼女自身のパーソナルな家族の記憶に深く根ざし、支えられているからではないか。彼女の声、彼女の絵画、彼女のテキスト、彼女の装いは、2019年現在の東京にたゆたう、どこにも帰着しない多面体としての「私」のありようを映すミラーのようで、はじまったばかりの女性たちの新しい旅を励まし、勇気づける。

         

I believe Emma Maeda's existence itself is a medium that can possess "art" wisely and beautifully, and use it in various scenes of life. The reason why her genreless expressions, such as modelling, essays, photography, paintings, readings and radio shows, are nostalgic is probably because they are deeply rooted and supported by her own personal family. Her voice, her paintings, her texts and her attire are like mirrors that reflect her state of "self" as a polyhedron that drifts around present-day Tokyo and never returns, encouraging and empowering women who have just started embarking on their own journeys.