Artists

Artists

カナイ サワコ

Sawako Kanai

Selection-GYM(2F 体育館)Selection-GYM(2F Gymnasium)

Snowy / Snowless VillageSnowy / Snowless Village

Snowy / Snowless VillageSnowy / Snowless Village

Snowy / Snowless VillageSnowy / Snowless Village

モノには必ず特有の情報がある。一見して素材や形態等明確な事もあるが、誰がどのように使用して、どういう経緯で存在するかは不明だ。使用者に聞きとったり、資料を読んだり情報を手に入れる必要がある。モノはそれらを手に入れる事で周囲と関係を結び、記憶を手に入れ、世界(物語)の一部になる。しかし使用者が亡くなっている場合や不明な場合が多々あり、只の分類可能なモノになる。私は何の物語も持たない彼らを観察し、架空の世界を構成する一部に組み込む。新しい世界を手に入れた彼らが、更なる物語を紡いでくれることを願って。

Every object has unique information. At first glance, an object’s material and form may be clear, but it is unclear who used it, how it was used, and how it existed. It is necessary to question the user, read documents, and obtain information. By obtaining such information, an object becomes connected with its surroundings, obtains memories, and becomes part of the (story of the) world.
However, there are many cases where the user has died or is unknown, and the object has only the possibility of classification. I observe objects that have no story and incorporate them as part of a fictional world. I hope those objects will create a new world and weave more stories.

@Shinya Kigure

カナイ サワコ

Sawako Kanai

1982年  群馬生まれ
2009年  武蔵野美術大学大学院彫刻コース修了

2019年  個展「Reverse River」、Maebashi Works、群馬
2017年  「群馬の美術2017-地域社会における現代美術の居場所」、群馬県立近代美術館、群馬
2015年  新世代への視点2015 「向こう側より / その先へ / 可能性の問題」、藍画廊、東京
2014年  アートプログラム青梅2014「まなざしを織る」、BOX KI・O・KU、東京
2013年  アーツ前橋開館記念展「カゼイロノハナ -未来への対話-」、アーツ前橋、群馬

1982  Born in Gunma
2009  Graduated Master of Sculpture from Musasino Art University.

2019  Solo Exhibition "Reverse River", Maebashi Works, Gunma
2017  "Contemporary Art in Gunma, 2017", THE MUSEUM OF MODERN ART,GUNMA, Gunma
2015  Focusing on a new generation, 2015 Solo Exhibition "From the other side / Go beyond / A matter of possibility", ai Gallery , Tokyo
2014  Art Program OME, 2014 "Weave a look", BOX KI・O・KU, Tokyo
2013  Arts Maebashi open exhibition "The Flower with Color Wind-Dialogues for the future", Arts Maebashi, Gunma

   

推薦者

Selector

今井 朋

Tomo Imai

アーツ前橋 学芸員

Curator, Arts Maebashi

[推薦者コメント]

 

彼女とは2013年に角田金五郎という前橋ゆかりの民間植物学者の研究を基礎に作品制作をした。地衣類に着目する彼女の視点は、自然界の静黙とした声なき声を拾い上げるフィールドワークのようだった。実際、近年の彼女の作品の多くは、様々な地方の民具の観察から紡ぎだされるフィクショナルな語りから波紋のように広がっていくインスタレーションだ。堆積した時層から、人間の想像力はどんな物語も語りえるのかもしれない。彼女は、眼の前にある具体的な民具の形状、容態から、それらを使用して生きていた名もなき人々の生をあたかもそこに存在するかのように民話に仕立て上げる。文化人類学的な彼女のプロセスは、時に私たちの目の前にある風景を物語の力でまったく異なる情景に変わる瞬間を提供する。