Artists

Artists

早川 祐太

Yuta Hayakawa

Selection-GYM(2F 体育館)Selection-GYM(2F Gymnasium)

「人間はどのように世界に存在しているのか」という根源的な問いを制作の動機として、彫刻作品を通して、素材が持つ性質や現象を視覚化し提示します。

With the fundamental question of "How do we exist in the world?" as the motivation for his work, he visualizes and presents the properties and phenomena of materials through sculptures.

早川 祐太

Yuta Hayakawa

1984年  岐阜県生まれ
2010年  武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻彫刻コース修了

2021年  「Water/proof〜移動する境界〜」、KOGANEI ART SPOTシャトー、東京
2020年  「Shape for Shape」、Art Center Ongoing、東京
2020年  「クリテリウム95 早川祐太」、水戸芸術館現代美術センター、茨城県
2019年  「ユーモアてん。/ Sense of Humor」、21_21 DESIGN SIGHT、東京
2016年  「about body」、HAGIWARA PROJECTS、東京

1984  Born in Gifu
2010  MA, Department of Sculpture, Fine Art Course, Musashino Art University

2021  "Water/proof", KOGANEI ART SPOT chateau, Tokyo
2020  "Shape for Shape", Art Center Ongoing, Tokyo
2020  "CRITERIUM 95 Yuta Hayakawa", Mito Art Tower Contemporary Art Gallery, Ibaraki
2019  "Sense of Humor", 21_21 DESIGN SIGHT, Tokyo
2016  "about body", HAGIWARA PROJECTS, Tokyo

https://www.hagiwaraprojects.com/yuta-hayakawa

 

推薦者

Selector

アーツ千代田 3331

3331 Arts Chiyoda 

[推薦者コメント]

 

周りの空気や時間、風や湿度など、自然を取り込み様々な現象をそのまま映し出す、彫刻的観点を深めた早川の作品を見ると、細かいことは考えず、ただただずっと息をひそめ眺めていたくなる。2021年4月〜5月に小金井アートスポットにて開催された「Water/proof 〜移動する境界〜」展での水の作品「if the ground were round」では、撥水加工を施した机上の水の動きを、あるがままの現象として作品にしていた。「水の人権を尊重する」とのことだそうで、まるで意思を持っているように動く水の姿をそのまま提示することによって、自然の現象に宿る美の存在を指し示してくれた。早川の作品は、現象のその先にある宗教観や宇宙感の美学が感じられ、普段私たちが無自覚に住むこの小さな世界にもまだ美しい調和の世界が存在することを希望を持って教えてくれる。