Artists

Artists

松本 玲子

Reiko Matsumoto

Selection-GYM(2F 体育館)Selection-GYM(2F Gymnasium)

視覚・知覚の備忘録としての「メモ」を制作の始点に置く。絵画制作プロセスを誤用し、延長、分割、取消しと修正、繰り返しなど、異なる性質の動きを差し挟む。過去の個人的な記憶の再現とそこから外れていく領域の同居を試み、そこで展開されるものと不自由さとを以て、認識の外側——背景(時空間)の具体性とその作用について想像する。

I put a memo as a memorandum of vision and perception at the beginning of painting. Misuses the painting process and intervenes movements of different nature, such as extension, division, cancellation and correction, and repetition. Attempting to coexist with movements that try to reproduce past memories and movements that try to deviate from them. And with what develops there and inconvenience, I try to imagine the concreteness of the background (space-time) and its effect on things and people.

松本 玲子

Reiko Matsumoto

1987年  埼玉生まれ
2013年  多摩美術大学大学院美術研究科絵画専攻油画研究領域修了

2021年  「FACE展 2021」、SOMPO美術館、東京
2020年  都美セレクション グループ展 2020「描かれたプール、日焼けあとがついた」、東京都美術館、東京
2020年  「大木裕之presents 、《超たまたま17》」、KOGANEI ART SPOTシャトー2F、東京
2019年  「Proxy」、RISE Gallery, Show Room、東京
2018年  「補記」、リマスタ、東京

1987  Born in Saitama
2013  MFA, Tama Art University

2021  "FACE 2021", Sompo Museum of Art, Tokyo
2020  Group Show of Contemporary Artists 2020 "Sunburn After Swimming in the Painted Pool", Tokyo Metropolitan Art Museum, Tokyo
2020  Hiroyuki Oki presents, "Super happening 17", KOGANEI ART SPOT Chateau 2F, Tokyo
2019  "Proxy", RISE Gallery, Show Room, Tokyo
2018  "Supplement", Rimasta, Tokyo

http://reikomatsumoto.com

推薦者

Selector

アキバタマビ21

AKIBATAMABI21 

[推薦者コメント]

 

アキバタマビ21では、幻(イメージ)とその土台との関係を転覆させる試み「超物質的幻 − シュルマテリエルヴィジォンズ」展を企画、出品。絵画を描く時に抽象することと捨象されるもの、絵画に描かれた実態のない像とそれを支える物質との関係性、描かれたものが観る者に作用すること、といった次元を超えた影響関係に意識を向けている。松本の絵画空間のなかでは、絵画制作のこうした一連のプロセスを示すかのように次元の違うものごとが収められており、私たちはそれを追体験することができる。そして直接目には見えなくとも確かに現実と響きあう連環があるということに気づかされるのである。