Artists

Artists

成田 輝

Hikaru Narita

Selection-GYM(2F 体育館)Selection-GYM(2F Gymnasium)

僕は幽霊や魂をさほど信じていないが、感じた事はある。それは僕の経験であり、状況などから推察してそう感じただけかもしれない。もしくは経験したという錯覚が知覚したと勘違いしただけかもしれない。経験は重要だ。だけど、僕はまだ多くのことを経験できていない。ほとんどは本などで知った情報だけで、曖昧なものばかりだ。人間や現実そのものは本当に存在していて、見たものを経験したと言えるのだろうか。それが幻覚であったならどうだろうか。そのどちらをも行き来する物体を視覚化して、現実を再度捉える作業を僕は行っている。

I don't believe much in ghosts or spirits, but I have felt them. I don't believe much in ghosts or spirits, but I have felt them, and it was my experience, and I may have just inferred it from the circumstances. Or it could just be that the illusion of having experienced is mistaken for perception. Experience is important. However, I haven't experienced many things yet. Most of it is just vague information that I have learned from books and other sources. Do people and reality itself really exist, and can I say that I have experienced what I have seen? What if it was a hallucination? I am working on visualizing objects that go both ways and re-capturing reality.

成田 輝

Hikaru Narita

1989年  青森生まれ
2015年  武蔵野美術大学大学院造形研究科修士課程美術専攻彫刻コース卒業

2020年  「Reproduction」、CALM & PUNK GALLERY、東京
2019年  「huggy in piggyback」、ACME FURNITURE、東京
2019年  「smell」、TS4312、東京
2018年  「HOLLOW」、ANAGRA、東京
2017年  「ゴーストタウン」、TS4312、東京

1989  Born in Aomori
2015  B.F.A. Musashino Art University, M.F.A. Sculpture Course

2020  "Reproduction"., CALM & PUNK GALLERY, Tokyo
2019  ”huggy in piggyback”, ACME FURNITURE, Tokyo
2019  ”smell”, TS4312, Tokyo
2018  ”HOLLOW”, ANAGRA, Tokyo
2017  ”Ghost Town”, TS4312, Tokyo

https://www.hikarunarita.com/

 

推薦者

Selector

ARTDYNE

ARTDYNE 

[推薦者コメント]

 

1989年生まれの美術家、成田輝は、両親の影響で幼いころからアメリカ文化に親しみ、シミュレーショニズムとの出会いを経て、キャラクターや仮想空間などからイメージを引用し、平面と立体の間を自在に行き来しながら制作を行っています。 成田の特徴でもある奥行きの無い立体作品は、アニメや漫画を3D化したフィギュアにみる虚像と実像のズレを視覚化した試みです。また一貫して「一度愛されてから棄てられたもの」「廃材」という、役目を終え不要となったものを題材とし、そのイメージや物体にもう一度「存在の意味」を付与することで、作品の自律性への言及と社会的な価値へのアイロニーを暗示しています。