Artists

Artists

高石 晃

Akira Takaishi

Selection-GYM(2F 体育館)Selection-GYM(2F Gymnasium)

Inner Surface

ガラス越しに見るペラペラの風景
3Dのポリゴンに貼り付けられた写真
フィルター、レイヤー、ピクチャーテクスチャー
不織布、ウレタン、ポリエステルフィルム
遠隔操作で触れた物のテクチャーは画像でできている
我々はそういう表面にとり囲まれている

その表面世界に穴を開けることができるか
一瞬表面に亀裂が走り、
奥の世界が見える気がするが、それもまたペラペラで平板な光景になってしまう

絵画は、目の前の壁にぶら下がっている平らな物体だが、
一つの表面でなく、複数の表面をも

Inner Surface

Beyond the glass is a flimsy scene
Pictures pasted onto 3D polygons
Filters, layers, and textures
Non-woven textiles, urethane, and polyester films
When applied remotely, the textures are created from images
All around us, we are surrounded by these surfaces

Is it possible to bore a hole in that surface world?
For a split second, a crack runs through the surface
And we hope for a glimpse of the world deep inside
But it quickly reverts to the flat, flimsy scene

A painting is a flat object hanging on the wall in front of us
Yet its surfaces are multiple instead of one
The imaginary surface equals illusion
Made up by shadows cast onto our world by two dimensions
A dimension that is one step higher (n+1)
And a dimension that is one step lower (n-1)

Using paintings, I hope to capture the moment right before what resides deep within the cracks of the world's surface layers turns back into an ordinary exterior

撮影:長谷川新

高石 晃

Akira Takaishi

1985年  神奈川生まれ
2010年  武蔵野美術大学大学院美術専攻油絵コース修了

2021年  「Inner Surface」、マキファインアーツ、東京
2020年  「描かれたプール、日焼けのあとがついた」、東京都美術館、東京
2020年  「デイジーチェーン」、トーキョーアーツアンドスペース本郷、東京
2019年  「下降庭園」、clinic、東京
2018年  「紅櫻公園アートアニュアル2018」、紅櫻公園、北海道

1985  Born in Kanagawa
2010  MA(Painting), Musashino Art University, Tokyo

2021  "Inner Surface", Maki Fine Arts, Tokyo
2020  "Sunburn After Swimming in the Painted Pool", Tokyo Metropolitan Art Museum, Tokyo
2020  "Daisy Chain", Tokyo Arts and Space Hongo, Tokyo
2019  "Descending Garden", clinic, Tokyo
2018  "BENIZAKURA PARK ART Annual 2018", Benizakura Park, Hokkaido

http://www.akiratakaishi.com/

推薦者

Selector

アーツ千代田 3331

3331 Arts Chiyoda 

[推薦者コメント]

 

2021年に行われたMaki Fine Artsの個展では、筆のタッチのようにみえて実は表面にスプレーペイントを施すことにより凹凸が強調され、まるでプリントされたかのような錯覚を表現する作品であった。大きな筆致など手作業で行ったような痕跡と、現象としてのテクスチャーが併せ持った世界は、塑像と物質のボーダーラインを横断し、現実ではない世界の実態を表現する。本人曰く「夢みたいなもの」とのことで、この凡庸な世界をいく層にも重なった多元的な重なりで見せることによって、別の可能性を見出すことを常に模索している。
絵画の枠に止まらないその表現は、彫刻的でもあり全く違ったものにも思えるが、そのようなアートの垣根を曖昧にすることを目的とはせず、その根源的な差異に耳を傾けることに注力しているようにも感じ、新たな表現を提示する姿に今後の自由な可能性を感じる。