Artists

Artists

小林 勇輝

Yuki  Kobayashi

Selection-GYM(2F 体育館)Selection-GYM(2F Gymnasium)

小林勇輝 (現代美術家・パフォーマンスアーティスト) 1990年東京まれ。2014年ロンドン芸術大学 セントラル・セント・マーチンズ学位課程卒業後、日本人として初めてロイヤル・ カレッジ・オブ・アート、パフォーマンス科に入学、16年修士課程修了。自身の 身体を中性的な立体物として用い、性や障害、人種的な固定観念に問いけ、自由と平等の不確かな社会コードを疑い人間の存在意義を探るパフォーマンス作品を中心に発表。国内外の美術展、フェスティバル、ワークショップなどに多数参加。

Yuki Kobayashi (born in 1990, Tokyo, Japan) is Visual and Performance artist. He received BA from Central Saint Martins College of Art and Design, Fine Art in 2014 and MA from Royal College of Art, Performance and Painting in 2016. Since Kobayashi started his career as an artist, he has been exploring the neutrality of gender and questioning racial stereotypes, looking into human relations, the resonance between restriction and fluidity in time and space with using his own body. His action- based performance seek to reveal the authenticity of the human condition, working with the unexpected and the spontaneous to discover the invisible. Questioning both power and restrictive social codes towards a more uncertain world of freedom and equality. One of his major projects are "New Gender Bending Strawberry" (2012 - ) and "Life of Athletics" (2014 - ). In 2019, he founded the Performance art platform "Stilllive". Kobayashi has been participating world widely to the festival, exhibition, theatre and also working collaboratively in the photography and film.

小林 勇輝

Yuki  Kobayashi

1990年  東京生まれ
2016年  ロイヤル・カレッジ・オブ・アート修士課程卒業

2021年  「Experimental Film & Video Festival in Seoul "EXiS2021"」、国立現代美術館MMCA (Organized by Moving Image Forum)、ソウル (韓国)
2021年  個展「小林勇輝 Art Woerks 2012-2021」、TAV GALLERY (Curated by 西田編集長)、東京
2021年  「Tokyo Tokyo FESTIVAL Special 13 | TOKYO REAL UNDERGROUND」、旧博物館動物園駅 (Organised by アーツカウンシル東京 / Planning and Production by NPO法人ダンスアーカイヴ構想)、東京
2018年  「アジアン・アート・ビエンナーレ・バングラデシュ2018」、バングラデシュ・シルパカラ・アカデミー、ダッカ (バングラデシュ)
2018年  「Re-Performance of マリーナ・アブラモヴィッチ回顧展 "The Cleaner"」、ドイツ連邦共和国美術展示館 (公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京 東京芸術文化創造発信助成)、ボン (ドイツ)

1990  Born in Tokyo
2016  Graduated from Royal College of Art

2021  Experimental Film & Video Festival in Seoul "EXiS2021", National Museum of Modern and Contemporary Art, Korea (Organized by Moving Image Forum), Seoul (Korea)
2021  Solo Exhibition "Yuki Kobayashi Art Works 2012-2021", TAV GALLERY(Organized by Atsushi Nishida), Tokyo
2021   "Tokyo Tokyo FESTIVAL Special 13 | TOKYO REAL UNDERGROUND ", Hakubutsukan-Dōbutsuen Station(Organised by Arts Council Tokyo / Planning and Production by NPO Dance Archive Network), Tokyo
2018  "Asian Art Biennale Bangladesh 2018", Bangladesh Silpakala Academy, Dhaka(Bangladesh)
2018  Re-Performance of Marina Abramović Archive "The Cleaner", Art and Exhibition Hall of the Federal Republic of Germany, Bonn (Germany)

https://www.yukikoba.com/

推薦者

Selector

西田編集長

Atsushi Nishida

インディペンデント・キュレーター / プロジェクト・マネージャー

Independent Curator / Project Manager

[推薦者コメント]

 

小林勇輝は、1990年生まれ。日本人として初めてロイヤル・カレッジ・オブ・アート、パフォーマンス科に入学、2016年修士号修了という経歴が示すとおり、パフォーマンス作品を中心に発表するアーティストです。本展では、これまで現実の空間でのパフォーマンスを発表の場としてきた小林にとって未曾有であったコロナ禍の経験を踏まえ生み出された、小林の複数あるシリーズのなかでも最も新しいシリーズである、刻的なポートレートの構築によって男性性の可視化、暴力性、多数派の持つ優越性といったリスクと社会的責任の側面からジェンダーの中立性を試みる ”I or Another” (2020-) から未発表作を含め一堂に発表します。