Artists

Artists

齋藤 帆奈

Hanna  Saito

Selection-GYM(2F 体育館)Selection-GYM(2F Gymnasium)

多摩美術大学工芸学科ガラスコースを卒業後、metaPhorest(biological/biomedia art platform)に参加し、バイオアート領域での活動を開始。現在は東京大学大学院学際情報学府博士課程に在籍(筧康明研究室)。理化学ガラスの制作技法によるガラス造形や、生物、有機物等を用いて作品を制作しつつ、研究も行っている。近年では複数種の野生の粘菌を採取、培養し、研究と制作に用いている。主なテーマは、自然/社会、人間/非人間の区分を再考すること、表現者と表現対象の不可分性。

Hanna Saito studied the Grass Course of the Department of Craft at Tama Art University, since becoming a member of metaPhorest (biological / biomedia art platform) her work started including biological questions and living organisms. She is currently pursuing a Ph.D. Student at Yasuaki Kakehi’s Lab at the Graduate School of Interdisciplinary Information Studies at the University of Tokyo.
Hanna has been collecting and cultivating various species of natural slime mold in recent years for her studies and artworks. Her key topics include the reconsideration of the boundaries between nature and society, humans and non-humans, and the inseparability of perception and world.

齋藤 帆奈

Hanna  Saito

1988年  神奈川生まれ
2021年  東京大学大学院学際情報学府修士課程修了

2021年  「再演 ―指示とその手順」、東京藝術大学大学美術館本館展示室、東京
2021年  「生態系へのジャックイン展」、日本庭園 見浜園 (Organized by METACITY)、千葉
2020年  「ノンヒューマンコントロール」、TAV GALLERY (Curated by 西田編集長)、東京
2019年  「WRO メディア・アートビエンナーレ2019」、Four Domes Pavilion(四円蓋展示館)、ヴロツワフ(ポーランド)
2019年  「TSUKUBA SCIENCE ART EXHIBITION〜つくばの科学技術とアートが出会う作品展〜」、さくら民家園、茨城

1988  Born in Kanagawa
2021  Graduated with master's of interdisciplinary information studies at the University of Tokyo graduate school

2021  "Re-Display: Instruction and Protocol", The University Art Museum, Tokyo University of the Arts, Tokyo
2021  "Jack into the Noösphere", Japanese garden Mihama-en (Organized by METACITY), Chiba
2020  "Non-Human Control", TAV Gallery (Curated by Atsushi Nishida), Tokyo
2019  "WRO Media Art Biennale 2019", Four Domes Pavilion, Wroclaw(Poland)
2019  "Tsukuba Science Art Exhibition", Sakura Minka-en, Ibaraki

https://www.hannasaito.com/

   

推薦者

Selector

西田編集長

Atsushi Nishida

インディペンデント・キュレーター / プロジェクト・マネージャー

Independent Curator / Project Manager

[推薦者コメント]

 

齋藤帆奈は、1988年生まれ。多摩美術大学工芸学科ガラスコース卒業後、現在は、東京大学大学院学際情報学府博士課程に在籍。自然/社会、人間/非人間の区分を再考すること、表現者と表現対象の不可分性をテーマに作品を制作しつつ、研究活動も行います。本展では、⾷⽤⾊素で⾊づけしたオートミールを粘菌に⾷べさせ、粘菌の移動による⾊の痕跡を作品として提⽰するシリーズ《⾷べられた⾊》(2020-) の新たな形態として、齋藤の専門であるガラス造形による人体の器官を模した彫刻に粘菌を組み合わることで、より視覚的に⼈間と⾃然の境界を曖昧化することを試みる新作を発表します。