Artists

Artists

川角 岳大

Gakudai Kawasumi

Selection-GYM(2F 体育館)Selection-GYM(2F Gymnasium)

1992年愛知県生まれ。現在は三重県を拠点に活動。自身の生活経験の中でとらえた様々なものの視点をモチーフに制作している。ペインティングを中心に、身近な素材を用いた立体制作や空間表現を行っている。

born in Aichi, Japan in 1992. Currently, live and work in Mie, Japan. I create works with motifs from the perspectives of various things that I gained from my own experience in life. Focusing on painting, I am working on three-dimensional production and spatial expression using familiar materials.

川角 岳大

Gakudai Kawasumi

1992年  愛知生まれ
2017年  東京藝術大学大学院美術研究科修了

2021年  「VOCA展2017」、上野の森美術館、東京
2020年  「ミクリ」、Lavender Opener Chair、東京
2020年  「清流の国ぎふ芸術祭 Art Award IN THE CUBE 2020」、岐阜県美術館、岐阜
2019年  「その先へ- beyond the reason」、駒込SOKO、東京
2017年  「ki→」、florist-gallery N、愛知

1992  Born in Aichi
2017   Graduated from Tokyo University of the Arts (MFA in Fine Arts)

2021  "the VOCA Exhibition 2017", the Ueno Royal Museum, Tokyo
2020  "Mikuri", Lavender Opener ChairLavender Opener Chair, Tokyo
2020  "Gifu Land of Clear Waters Art Festival Art Award IN THE CUBE 2020", The Museum of Fine Arts, Gifu, Gifu
2019  "Beyond the Reasons", Komagome SOKO, Tokyo
2017  "ki→", florist-gallery N, Aichi

推薦者

Selector

能勢 陽子

Yoko Nose

豊田市美術館 学芸員

Curator at Toyota Municipal Museum of Art

[推薦者コメント]

 

川角岳大の絵画には、人間の枠組みから外れて、まるで動物の体や植物そのものから眺めたような、視点の転換がある。川角はしばしば犬を描くが、そこではぺたっと伏せて土のひんやりとした感触を味わい、また力いっぱい走って空間が捩じれるような、まるで犬そのものの感触が、地面に近い層でそのまま定着しているような印象を与える。また山を描いた絵画では、草いきれが沸き立ち、森の木々が気韻を発している様子が、まるで植物に成り替わったかのように描かれている。人間を離れて動物や自然そのもの視点で捉えたかの川角の絵画は、観る者を自由にする。