Artists

Artists

岩竹 理恵

Rie Iwatake

Public AREAPublic AREA

電車から景色を見ていたら水平垂直に増殖した街の線がモニター上のグリッドのように見えた。じっと見ていたら街の建物の集合が視界に充満して奥行き感を遮断した。写真を撮って風景と印刷紙自体を同時に見ようとしても気まぐれにどちらかしか見えない。同一面上にある画像空間と画材空間、見ることと見えることの測度空間を観察している。

While I was looking at the view from the window of the train, the horizontal and vertical lines that extended outwards, crisscrossing the cityscape, started to look like grids on a monitor. As I stared, the cluster of buildings stretched and screened my view, blocking the sense of depth. It is futile to try to see both the scenery and the photographic print after you have taken a photo, because each one can be seen in a capricious manner, but not simultaneously. I have always been conscious of the “measure space”, observing its existence between the image space and the material space – between seeing and being seen.

岩竹 理恵

Rie Iwatake

1982年  南アフリカ共和国 ヨハネスブルグ生まれ
2010年  筑波大学大学院芸術専攻修了

2020年  「MOTアニュアル2020 透明な力たち」、東京都現代美術館、東京
2020年  「変容のありか 流れる時間の捉え方」、藤沢市アートスペース、神奈川
2019年  「大理石の上での電球と送風機の必然の回転のように」、Kana Kawanishi Gallery、東京
2019年  「二つの心臓の大きな川」、アーツ千代田 3331、東京
2017年  「Under35 片岡純也+岩竹理恵」、BankART Studio NYK、神奈川

1982  Born in Johannesburg, South Africa.
2010  M.A. Art and Design Science, University of Tsukuba.

2020  "MOT Annual 2020 Invisible Powers", Museum of Contemporary Art Tokyo, Tokyo
2020  "Metamorphosis, Perceptions of the Passage of Time", Fujisawa City Art Space, Kanagawa
2019  "As the inevitable spin of a light bulb and a fan on a marble slab", Kana Kawanishi Gallery, Tokyo
2019  "Big Two- Hearted River", 3331 Arts Chiyoda, Tokyo
2017  "Under35 Junya Kataoka+Rie Iwatake", BankART studio NYK, Kanagawa

http://kataoka-iwatake.tank.jp

推薦者

Selector

アーツ千代田 3331

3331 Arts Chiyoda 

[推薦者コメント]

 

岩竹理恵は、普段見慣れている物や具体的な現象を観察し、その本来の機能とは離れてそれらが持つ意味や特性やメカニズムを日常的な素材を使いシンプルな技術で平面作品に落とし込み、抽象化させます。これまで医学書や切手などの断片を組み合わせたコラージュ、写真、版画などの手法で、視覚的に時間と空間の複数の階層を行き来する世界観を捉え、観るものに新たな視点や思考、気付きを与えてきました。本展示では、作品を通してわたしたちの日常的な風景を切り取り、2次元と3次元との間で彷徨う視覚が生み出す空間の観察、計測を試みていきます。