作家詳細Details

Details

Artists

後藤 有美

Yumi Goto

Selection-GYM(2F体育館)Selection-GYM(2F Gymnasium)

「陶芸によるもの作りは私に「事物は何かの集合により形作られる」という視点与えました。 PC画面を通した絵画を元に、陶芸と絵画、互いのジャンルを行き来可能な表現を模索しています。 」

「Making ceramic artworks gave me the perspective that “things are shaped by a aggregate of somethings”. Based on the paintings I have searched for on the Internet, I'm searching for expressions that cross ceramics art and paintings. 」

後藤 有美

後藤 有美

Yumi Goto

1997年 宮城生まれ
2019年 東北芸術工科大学芸術学部美術科工芸コース卒業
2019年 「東北芸術工科大学 卒業・修了展[東京展]」、東京都美術館、東京
2019年 「後藤有美 個展」、Art Space 金魚空間、台北
2019年 「20周年企画 ぐいのみ展」、ギャラリー数寄、愛知

1997 Born in Miyagi
2019 Graduated from Tohoku University of Art & Design
2019 “Tohoku University of Art & Design Graduation Exhibition” Tokyo Metropolitan Art Museum (Tokyo,Japan)
2019 “Yumi Goto first solo show” Art Space Kingyo Kookan (Taipei,Taiwan)
2019 “20th Anniversary Guinomi Exhibition” Gallery Suki (Aichi,Japan)

 

推薦者

Selector

小金沢 智

Satoshi  Koganezawa

太田市美術館・図書館学芸員

Curator, Art Museum & Library, Ota

[推薦者コメント]

[Comment by Selector]

絵に描かれている陶磁器。後藤有美さんの作品は、画中のそれを三次元の存在として立体化させるとともに、その表面に画中の陶磁器以外の部分を表現するというものだ。モチーフの静物画はインターネットで検索され、であるから作品は、ピクセルを彷彿とさせる「練り込み」の技法を用いて制作されている。2019年2月、工芸コース陶芸専攻の卒業制作として発表された卒業制作のモチーフは、セザンヌ、ブリューゲル、モネといった西洋美術の大家のそれである。日本の近代化は、絵画を純粋化し、工芸を実用化する方向に進んだが、後藤さんの作品は、現在でも続いている「美術」と「工芸」の捉え方の難しさを、確かな技術の応用によってあたかもひっくり返しつつ、統合を試みているようなところに惹かれる。

         

Ceramics depicted in a painting. Yumi Goto's works give these ceramics a three-dimensional presence, and even express parts of the surface that are not ceramic. The still life that were used as motifs were searched for on the Internet, and the works are created using the "nerikomi (kneading)" technique to resemble pixels. The motifs of her graduation work, which was announced in February 2019 for her graduation as a ceramics major in the Crafts Course, were none other than the great masters of Western art such as Cezanne, Bruegel and Monet. The modernization of Japan has progressed in the direction of purifying paintings and putting crafts into practical use, but Goto's works are fascinating as through the application of proven techniques, they try to integrate and overturn the difficulty of understanding "art" and "crafts" that still continues on to this day.