作家詳細Details

Details

Artists

飛田 正浩

Masahiro  Tobita

Selection-GYM(2F体育館)Selection-GYM(2F Gymnasium)

spoken word projectspoken word project

作品イメージ

作品イメージImage

作品イメージ

作品イメージImage

作品イメージ

作品イメージImage

作品イメージ

作品イメージImage

「ファッションブランド『 spoken words project 』主宰 手作業を活かした染やプリントを施した服作りに定評がある。 他ブランドとのコラボレーションや、芸術祭など独自のアパレル観にて爆走中。」

「Fashion brand “spoken words project” He has a good reputation for making clothes with hand-dyed dyeings and prints. Collaborating with other brands and exploring their own apparel such as art festivals.」

飛田 正浩

飛田 正浩

Masahiro  Tobita

1968年 埼玉県生まれ
1995年 多摩美術大学染織デザイン科卒業
2017年 10月 「spoken words project S/S collection 『Summer bleeding and haze』」、Hikarie aiiima、東京
2018年 3月 「spoken words project A/W collection 『夜子の場合』」、Hikarie aiiima、東京
2018年 9月 「みちのおくの芸術際 山形ビエンナーレ2018」、文翔館、山形 
2018年 10月 「spoken words project S/S collection 『夜子の街』」、Hikarie aiiima、東京
2019年 4月 「spoken words project A/W collection 『New Flower』」、Hikarie aiiima、 東京

1968 Bom in Saitama
1995 Tama Art University,Textile Department
October, 2017 “spoken words project S/S collection 『Summer bleeding and haze』” Hikarie aiiima (Tokyo, Japan)
March, 2018 “spoken words project A/W collection 『In the case of Yoruko』” Hikarie aiiima (Tokyo, Japan)
September, 2018 “Michinooku Arts Festival Yamagata biennale 2018” Bunshoukan (Yamagata) 
October, 2019 “spoken words project S/S collection 『Yoruko City』” Hikarie aiiima (Tokyo, Japan)
April,2019 “spoken words project A/W collection 『New Flower』” Hikarie aiiima (Tokyo, Japan)

http://spokenwordsproject.com/

   

推薦者

Selector

宮本 武典

Takenori  Miyamoto

キュレーター

Curator

[推薦者コメント]

[Comment by Selector]

飛田が主宰するアパレルブランドspoken words projectは、多摩美術大学在学中に結成していたバンド名に由来する。2シーズン毎に発表されるコレクションには「東京の積雪」、「明日について」、「夜子の街」など詩的なタイトルがつけられ、詩人とのコラボレーションや、文学作品へのオマージュ、少女たちとの対話をもとにしたテキスタイルプリントなど、ブランド名が示す通り、ナイーブな言葉を纏いながら街の感性を可視化してきた。今回はSWPではなく「飛田正浩」としてアートワークを発表する。#MeToo以後の日常で、その服(?)はどんな現在/未来を物語るだろうか。

         

The name of the apparel brand "spoken words project" presided over by Tobita is derived from the name of the band that he formed while studying at Tama Art University. Collections are released every 2 seasons and will be given poetic titles such as Snow in Tokyo, About Tomorrow and Yoruko's Town. As the brand name suggests, it has visualized the sensitivity of the city through the wearing of naive words, such as through textile prints based on collaborations with poets, tributes to literary works, and dialogue with girls. This time, however, he will be presenting his artwork as Masahiro Tobita rather than as SWP. What sort of present and future will the clothes (?) tell regarding everyday life after #MeToo?