作家詳細Details

Details

Artists

齋藤 恵汰

Keita Saito

Selection-ROOFTOP(屋上)Selection-ROOFTOP(ROOFTOP)

「齋藤恵汰は制作、キュレーション、レクチャーを横断するアーティストです。コンセプチュアルアート、彫刻、パフォーマンスの間にある虚構を素材としています。最も有名なプロジェクトは「シブハウス(2008-)」と呼ばれています。彼は「東京アートポイント計画」のプログラム「東京の条件(2009-2011)」のカタログを編集しました。演劇の作家として2015年には「非劇(2015)」が吉祥寺シアターで上演されました。また「アーギュメンツ(2015-2018)」という批評運動を企画・実行しました。」

「Keita Saito is an artist who works across production, curation, and lecture. He uses fiction at the border of conceptual art, sculpture and performance. His most famous project is called "Shibuhouse(2008-)". He edited the catalog of the program “Tokyo Conditions (2009-2011)” in the “Tokyo Art Point Project”. He is also active as a theater writer. In 2015, "Higeki (2015)" was performed at "Kichijoji Theater". He organized the “arguments(2015-2018)” criticism movement, and many people participated.」

齋藤恵汰

Anonymous

齋藤 恵汰

Keita Saito

1987年 東京生まれ
2006年 麻布高等学校卒業
2012年「House 100 Shibuhouse」、The Container、東京
2013年「六本木クロッシング2013 Discursive Platform」、森美術館、東京
2016年「私戦と風景」、原爆の図 丸木美術館、埼玉
2017年「自営と共在」、Barrak 大道、沖縄
2019年「構造と表面」、駒込倉庫、東京

1987 Born in Tokyo
2006 Graduated from Azabu High School
2012「House 100 Shibuhouse」、The Container(Tokyo, Japan)
2013「Roppongi Crossing 2013 "Discursive Platform"」、Mori Art Museum(Tokyo, Japan)
2016「Private war and Landscapes」、Maruki Gallery For The Hiroshima Panels(Saitama, Japan)
2017「Independent and Consubstantiation」、Barrak Daido(Okinawa, Japan)
2019「Surface and Structure」、Komagome Soko(Tokyo, Japan)

https://saitokeita.shibuhouse-inc.com/

   

推薦者

Selector

青木 彬

Akira  Aoki

インディペンデント・キュレーター

Independent Curator

[推薦者コメント]

[Comment by Selector]

齋藤恵汰は2008年に都市におけるランドアートとして《渋家》を立ち上げて以来、キュレーション、劇作など幅広い活動を行なってきた。こうした行為には常に共同作業が発生する。作品としての《渋家》はやがて株式会社という人格も生み出し、齋藤は経営者も経験した。一貫して人が集まり、行動するその状況に身を置き続けてきた齋藤が次に向き合うものは「孤独」であると言う。集団と孤独は一見すると背中合わせのキーワードのようだが、その視点の変更は単なる連想ではなく、齋藤のプロジェクトがIndependent(自律)な個の集合からInterdependent(相互依存)な関係の場であることを示すものになるのではないだろうか。

         

Keita Saito has been engaged in a wide range of activities such as curation and playwriting since launching the Shibuhouse as a city land art in 2008. These actions always involve collaborations. His work Shibuhouse eventually created the identity of an incorporated company, and gave Saito the experience of running a business. Saito, who has always kept himself in a situation where people gather and act in a consistent manner, says that the next thing he will be facing is "loneliness". While the keywords "group" and "loneliness" appear to be polar opposites at first glance, this change in perspective is not merely an association, and may indicate that Saito's project is a place of interdependent relationships formed by the grouping of independent individuals.