作家詳細Details

Details

Artists

BCL / Georg Tremmel

BCL / Georg Tremmel

Selection-GYM(2F体育館)Selection-GYM(2F Gymnasium)

©HeLa©HeLa

Resist/RefuseResist/Refuse

「ゲオアグ・トレメイルは2001年に日本人アーティストの福原志保とともにコラボレーションを始めた。2005年に彼らは、芸術的介入や社会的調査により、生物学的または文化的なコーデックの関係性、調和、相違を研究するための芸術的調査機関としてBCLを設立した。BCLのプロジェクトは、プロトタイプの問題提起型デザインと概念的なバイオアートの間で揺れ動いている。バイオアートの芸術的主題として生物学的暗喩とコンピューターコードの混在から法的、倫理的に制御された枠組み、バイオハッキング/バイオデザイン/生物兵器に対する不安定な関係性、放射能、突然変異、遺伝子解析技術の関連性までの範囲を取り扱う。(http://bcl.io).」

「Georg Tremmel started collaborating with the Japanese artist Shiho Fukuhara in 2001. In 2005 they founded BCL as an artistic research framework to explore the relations, congruences, and différances of biological and cultural codecs through artistic interventions and social research. The projects of BCL oscillate between proto-speculative design and conceptual BioArt; the artistic themes range from the mixed metaphors of biological and computer codes to the legal and ethical frameworks governing life, the uneasy relationship of biohacking/biodesign/biowarfare, and the connections between radiation, mutation, and genomics (http://bcl.io).」

BCL / Georg Tremmel

Hector Puigcerver

BCL / Georg Tremmel

BCL / Georg Tremmel

1977年 オーストリア生まれ
2001年 ウィーン応用美術大学卒業/2003年 ロイヤル・カレッジ・オブ・アート卒業/2019年 美術学博士課程学習中
2018年 「AOMORIトリエンナーレ」、国際芸術センター青森、青森
2018年 「Frankenstein's Grandchildren」、EYE OF GYRE、東京
2019年 「Fabrique du vivant」、ポンピドゥー・センター 、フランス(パリ)
2019年 「STARTS Prize Exhibition」、Ars Electronica、オーストラリア、(リンツ)
2019年 金沢21世紀美術館、金沢

1977 Born in Austria
2001 Graduated from University of Applied Art in Vienna, 2003 Graduated from the Royal College of Art, 2019 Artistic Research PhD Candidate
2018 Aomori Center for Contemporary Art, "Aomori Triennale", Aomori
2018 Eye of Gyre, "Frankenstein's Grandchildren", Tokyo
2019 Centre Pompidou, "Fabrique du vivant", Paris, France
2019 Ars Electronica, STARTS Prize Exhibition, Linz, Austria
2019 21st Century Museum, Kanazawa

https://www.bcl.io/

推薦者

Selector

高橋 洋介

Yosuke  Takahashi

金沢21世紀美術館 キュレーター

Curator, 21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa

[推薦者コメント]

[Comment by Selector]

BCLは、芸術と科学を往還しながら、現代の生命が微細なレベルにいたるまでさまざまな権力が統制されていることを常に問い続けてきた。バイオテクノロジーが生命の謎の一部を解き明かし、操作する力を強めていく中で、いま「バイオアート」と呼ばれる芸術の新しい潮流が世界的に隆盛しはじめているが、BCLはまさにその最前線で活躍している作家である。代表作のひとつである「DNAブラックリストプリンター BLP-2000」では、人類に有害であるがゆえに企業が合成を禁止している「DNAのブラックリスト」の遺伝情報だけを合成・印刷する試作機を提案し、昨年、メディアアートの世界的な祭典「アルスエレクロニカ」で栄誉賞を受賞した。今回は、世界大戦時に日本が開発した生物兵器の闇の歴史に光をあてる「Resist/ Refuse」と、本人の死後も生き続ける「不死化細胞」の権利を問う「©️Hela」が出品される。ともに21世紀というバイオテクノロジーの世紀を象徴する作品を、個人が購入できる数少ない機会になるだろう。

         

BCL moves back and forth between art and science, but always throws up questions about how various power balances are regulated in life today at the micro level. At a time when biotechnology reveals, and controls, part of the mystery of life, a new movement of art called ‘bio art’ is becoming more and more influential worldwide, and BCL is at its cutting edge. One of their representative pieces, “BLP-2000B: DNA Black List Printer” puts together and prints only harmful DNA sequences that companies may not compound, and it received an Honorary Mention at the world famous media-art festival ‘Ars Electronica’ last year.
At this fair, they are exhibiting “Resist/Refuse”, which shines a light on the dark history of chemical weapons developed by Japan during World War II, and “©Hela”, which questions the rights of immortalized cells that continue living after their owner’s death. Both works offer the rare opportunity for individuals to purchase artworks that symbolize the 21st century―the time of biotechnology.