メインギャラリーエリア作家

Artists

藤 浩志 / Hiroshi Fuji

メインギャラリーエリア

鴨川泳ぐこいのぼり

鹿児島県出身の藤は京都市立芸術大学在学中に友人たちと企画した「アートネットワーク’83 」で三条鴨川に染織作品を無断で設置し事件となります。フジヤマゲイシャ、第一回牛窓国際芸術祭などを経て若手作家のネットワークを築くなか、「ゴジラとハニワの結婚離婚問題」という大学院の修了作品が美術雑誌で紹介され次世代の作家として注目されます。当時現代美術作家の登竜門とされていた横浜での今日の作家展、原美術館でのハラアニュアルなどで、空間へ出来事を仕掛ける活動を展開しますが、当時の美術状況に違和感を持ち86年から2年間、青年海外協力隊員としてパプアニューギニア国立芸術学校に勤務し、美術を指導しました。この時の体験は後の芸術活動に影響を与え、社会・地域・日常を見つめ、「循環社会への転換」「地域社会の変革」といったテーマに取り組むようになります。パプアニューギニアの村で見かけた、やせ細りながらもエネルギッシュな犬「ヤセ犬」をモチーフとした彫刻作品や、自宅に眠っている不要なおもちゃを持ち寄り交換する「かえっこ」といったプロジェクトで知られており、バングラデッシュ・ビエンナーレ(2006)、サイトサンタフェ・ビエンナーレ(2008)、瀬戸内国際芸術祭(2010)など、国内外の芸術祭やアートプロジェクトにも多数出品しています。

作家情報

藤 浩志

藤 浩志

美術家/秋田公立美術大学大学院教授・副学長
京都市立芸術大学大学院修了。パプアニューギニア国立芸術学校講師、都市計画事務所、藤浩志企画制作室、十和田市現代美術館館長を経て現職。家庭の廃品を利用しておもちゃの交換システム「Kaekko」などのプロジェクトをつくったり、架空のキーパーソンをつくる「藤森八十郎をつくる」など全国各地にプロジェクト作りだすデモンストレーションを試みる。国内外のアートプロジェクト、展覧会に出品多数。