メインギャラリーエリア作家

Artists

高橋 功樹 / Koju Takahashi

メインギャラリーエリア

180423

Koju TAKAHASHI

180418

Koju TAKAHASHI

作家情報

高橋 功樹

高橋 功樹

1987 奈良生まれ
2017年 個展、Gallery OUT of PLACE NARA、奈良

高橋は漆喰と顔料と木を素材にした抽象絵画の制作を行なっている。

推薦者

Gallery OUT of PLACE TOKIO

[推薦者コメント]

高橋功樹(b.1987)は、セルフ・トートの美術家です。2017年までの10年間誰とも全く交流せず、読書に耽るとともに、自身のアトリエで黙々と絵画を制作し続けてきました。1960年代のアメリカ抽象表現主義の傑作群に自ら進むべき道を重ね合わせ、しかし素材には顔料と漆喰、廃材(木材)を選び、独自の抽象絵画に到達しています。本年2月奈良のGallery OUT of PLACEで初めての個展を開催し、「普遍性についての考察と表現」を多くの人々の目に強く焼き付けました。3331アートフェア2019では、過去10年の孤高の精神を元に、更に進化した一面を見せてくれると期待しています。