Artists

Artists

LILY SHU

LILY SHU

Selection-GYM(2F 体育館)Selection-GYM(2F Gymnasium)

Fountain Fountain

NetNet

1988年中国黒龍江省ハルビン市に生まれ、日本とイギリスで美術史と哲学を研究するとともに、写真、ドロイング、コラージュ、映像、立体作品を発表してきました。戦争の歴史、市場経済のメカニズム、消費と支配のために作り出されるイメージに抵抗し、その中に失われた個の存在と痕跡を求め、より広い循環との関係性を求めることが制作の原点でした。可視と不可視の政治性、写真の証明性-証明されうる世界の不確かさ、証明できないものの実在-に対する批評を、主体と空間との問題に関連づけて制作を取り組んでいます。

Lily Shu was born in 1988 in Harbin, the capital of China’s Heilongjiang province. While researching art history and philosophy in both Japan and the UK, she has produced works of photography, drawing, collage, film and three-dimensional pieces. She resists the idea of art being created by war history, market economy mechanisms, consumers and control. She looks instead for existing and lost remnants of individuality within these paradigms and bases her work on the pursuit of relations with broader spheres. She creates works related to problems between subjects and spaces, critiquing seen and unseen politics, the validity of photographs and the uncertainty of a world verified as true, as well as the certain existence of that which cannot be proven.

LILY SHU

LILY SHU

1988年  中国黒龍江省ハルピン市生まれ
2019年  東京藝術大学国際芸術創造研究科

2021年  「局部麻酔」、銀座蔦屋アートウォールギャラリー、東京
2020年  「i was real」、カンザンギャラリー、東京
2020年  「ABSCURA」、ニコンサロン銀座、東京
2020年  「LAST NIGHT」、ふげん社、東京
2019年  「Dyed My Hair Blond, Burnt Dark at sea」、エモンフォトギャラリー、東京

1988  Born in Harbin, Heilongjiang, China
2019  Tokyo University of the Arts, Graduate School of Global Arts, Department of Arts Studies and Curatorial Practices

2021  "Partial Anesthesia", Art Wall Gallery, Ginza Tsutaya, Tokyo
2020  "i was real", kanzan gallery , Tokyo
2020  "ABSCURA", Nikon Salon Ginza , Tokyo
2020  "LAST NIGHT", Fugensha , Tokyo
2019  "Dyed My Hair Blond, Burnt Dark at sea", EMON Photo Gallery , Tokyo

https://www.lilyshu.com

 

推薦者

Selector

木村 絵理子

Eriko Kimura

横浜美術館 主任学芸員

Senior curator of Yokohama Museum of Art

[推薦者コメント]

 

中国で生まれ、イギリスや日本で哲学や歴史を学んだリリー・シュウは、写真やビデオ、コラージュなどの技法で、具象と抽象、意識と無意識など、対称的な概念を並置させて、あるいはレイヤーのように重ね合わせて、イメージの持つ複層的な意味を探ろうとするような作品を発表しています。「Occupy」は、被植民地としての歴史を持つ東アジアの国々で、作家が撮りためた断片的なイメージからなる写真のシリーズです。連続するイメージは、ナラティブに何かを語るものでも、個別的に何かを象徴するものとも異なりますが、現代の日常生活の端々に潜む、支配と被支配の構造をうっすらと浮かび上がらせます。