メインギャラリーエリア作家

Artists

富田 正宣 / Masanori Tomita

メインギャラリーエリア

quiz

※写真は参考作品です。

なぞるノロマ

※写真は参考作品です。

作家情報

富田 正宣

富田 正宣

1989年 熊本生まれ
2014年「Inner Flash」、Space Wunderkammer、東京
2016年「quiz」、KAYOKOYUKI、東京
2018年「Hikarie Contemporary Art Eye vol.9 through the glasses」、渋谷ヒカリエ、東京
2018年「Studio Exhibition」、Satoshi Ohno studio、山梨
2018年「なぞるノロマ」、KAYOKOYUKI、東京

quiz→なぞるノロマ スケッチの気持ち

推薦者

遠藤 水城

東山 アーティスツ・プレイスメント・サービス(HAPS)代表/ヴィンコム現代美術センター芸術監督

[推薦者コメント]

富田正宣(1989年生まれ、東京在住)は、主に絵画作品で知られている。鈍く重たい色調、厚塗りのマチエール、層として堆積した時間、像の解体過程としての知覚、変容可能性の器でしかない対象。画家としての力量が横溢している。波風が立っている。眼が揺れている。手が振られる。炎上している。引き裂かれている。繋ぎとめられている。混ぜ合わされ、混ぜっ返されている。唐突なことを言うようだが、もし僕が小説家なら、単行本のカバー装丁は彼にお願いするだろう。本の外側全面を彼の絵画で覆ってみる。バーコードは邪魔なので外す。僕の名前もタイトルも絵の具の底に埋れさせてしまって良い。なんなら、読者がカバーに眼を奪われ続け、本を開くのを忘れてしまってすら構わない。