メインギャラリーエリア作家

Artists

高山 登 / Noboru Takayama

メインギャラリーエリア

地下動物園ーSB1979-2018

高山は東京藝術大学在学中の1960年代末より作家活動を始め、枕木や鉄、ワックスなどの素材を用いて、ある場所を密接な空間へとつくりかえるインスタレーションを手がけてきました。展示空間や環境を深く考察したうえで行われるその造形は、今日まで一貫してゆるぎがありません。作品のテーマとして度々使用される「遊殺」とは、もともと陶芸の土作りの際に使われる「土殺し」という言葉から転用されており、高山は互いに与え、破壊する、自然と人間の関係性と重ね合わせています。国内外で数多くの展覧会、アートイベントに参加し、2005年から2011年まで東京藝術大学美術学部先端藝術表現科教授を務めました。現在は仙台に居住し、宮城大学の特任教授として教鞭をとりながら活動を行っています。

作家情報

高山 登

高山 登

造形作家
高山は東京藝術大学在学中の1960年代末より作家活動を始め、枕木や鉄、ワックスなどの素材を用いて、ある場所を密接な空間へとつくりかえるインスタレーションを手がけてきました。展示空間や環境を深く考察したうえで行われるその造形は、今日まで一貫してゆるぎがありません。作品のテーマとして度々使用される「遊殺」とはもともと陶芸の土作りの際に使用される言葉ですが、高山は互いに与え、破壊する自然と人間の関係性と重ね合わせています。国内外で数多くの展覧会、アートイベントに参加し、2005年から2011年まで東京藝術大学美術学部先端藝術表現科教授を務めました。現在は仙台に居住し、宮城大学の特任教授として教鞭をとりながら活動を行っています。