メインギャラリーエリア作家

Artists

椿 昇 / Noboru Tsubaki

メインギャラリーエリア

FRESH GASOLINE マケット

80年代の「関西ニューウェーブ」の作家の一人とされ、89年にサンフランシスコ近代美術館を皮切りに、アメリカ7都市およびICA名古屋に巡回した展覧会「アゲインスト・ネイチャー 80年代の日本美術」に出展。本展タイトルは当時のアメリカにおいて日本の現代美術の主流がもの派と見られ、日本人=自然というイメージが強かったことに対するアンチテーゼとして椿が命名したものでした。93年には第45回ヴェネチア・ビエンナーレに参加。また2001年の横浜トリエンナーレで発表した全長50メートルに及ぶ巨大なバッタのバルーン《インセクト・ワールド-飛蝗(バッタ)》は大きな話題を呼びました。近年ではアーティストによるアートフェア「ARTISTS’FAIR KYOTO」を主催するなど社会や美術界のシステム自体に疑問を投げかけつつ、様々な活動を行なっています。

作家情報

椿 昇

椿 昇

現代美術家/京都造形芸術大学美術工芸学科・教授
1953年京都市生まれ。京都市立芸術大学美術専攻科修了。1989年Against Nature展に「Fresh gasoline」を出品、展覧会タイトルを生む。1993年ベネチアビエンナーレ・アペルト参加。2001年横浜トリエンナーレ《インセクト・ワールド "飛蝗(バッタ)》 1992年ラホヤ美術館(サンディエゴ)、2003年水戸芸術館、2009年京都国立近代美術館、2012年霧島アートの森で個展。2013年瀬戸内国際芸術祭「醤の郷+坂手港プロジェクト」、青森トリエンナーレ2017、アーティストフェアKYOTOディレクター。