Artists

Artists

runurunu

runurunu

Selection-GYM(2F 体育館)Selection-GYM(2F Gymnasium)

主に視覚表現を通じて宗教・ヒエラルキー・ジェンダー・フリークス等のボーダーを問う、グラデーションを可視化するという軸のもと活動を行う。 実践として、対象を融和させたソフトスカルプチャーの制作や "意味を軽くする事" をコンセプト に掲げた同名のファッションブランドrunurunuとしての活動がある。原始体験に幼少期よりキリスト教系カルト教団で育った事や、成人後のホームレス期間、また自身がクィアである事などが現在の活動に深く影響を与えている。

Mainly through visual expression, he asks borders such as religion, hierarchy, gender, and freaks, and conducts activities based on the axis of visualizing the gradation. As a practice, there are activities as a fashion brand runurunu of the same name with the concept of "lightening the meaning" and creating soft sculptures that integrate the objects. Growing up in a Christian cult from an early age, being homeless after adulthood, and being a queer himself have a profound effect on my current activities.

runurunu

runurunu

1984年  群馬生まれ
2005年  ドレスメーカー学院卒業

2021年  「runurunu+HIRARI IKEDA+18 virgen」、35°40'10"N 139°41'46"E (Organized by キャッベパーマ)、東京
2021年  「runurunu+HIRARI IKEDA+Risako Yamada」、mcg21xoxo (Curated by Taka Kono)、千葉(松戸)
2020年  個展「ANIMAGRA」、新大久保ugo、東京
2020年  「XIN TOKYO2021S/S」、KASHIYAMA DAIKANYAMA、東京
2019年  「浅草1-11-1 Exhibition」、浅草1-11-1 (Organized by Risako Yamada)、東京

1984  Born in Gunma
2005  Graduated from Dressmaker Gakuin

2021  "runurunu+HIRARI IKEDA+18 virgen", 35°40'10"N 139°41'46"E (Organized by kyabeperm), Tokyo
2021  "runurunu+HIRARI IKEDA+Risako Yamada", mcg21xoxo (Curated by Taka Kono), Chiba(Matsudo)
2020  Solo Exhibition "ANIMAGRA", Shin-Ōkubo ugo, Tokyo
2020  "XIN TOKYO2021S/S", KASHIYAMA DAIKANYAMA, Tokyo
2019  "ASAKUSA1111 Exhibition", Asakusa1-11-1 (Organized by Risako Yamada), Tokyo

https://www.instagram.com/runurunulnnnn/

推薦者

Selector

西田編集長

Atsushi Nishida

インディペンデント・キュレーター / プロジェクト・マネージャー

Independent Curator / Project Manager

[推薦者コメント]

 

runurunu (ルヌルヌ) は、川邊靖芳によるアーティスト活動名、また活動する同名のファッションブランド。川邊は、ドレスメーカー学院を卒業し、ホームレスを経験後、2010年より服造りを開始。近年は肛門や女性器を彷彿とさせる形状のバッグや衣服、それらにまつわる写真、映像、インスタレーションおよびソフトスカルプチャー作品の制作を手がけています。本展では、ファッションブランドとしての活動を経て、ソフトスカルプチャー作品を手がけるrunurunuの現時点での代表的な作品である女性器をモチーフとした等身大のテント型のソフトスカルプチャー作品を出展します。