メインギャラリーエリア作家

Artists

築山 有城 / Yuki Tsukiyama

メインギャラリーエリア

のび杉

©TEZUKAYAMA GALLERY

※写真は参考作品です。

無題

©TEZUKAYAMA GALLERY

※写真は参考作品です。

roundabout

©LOKO GALLERY

※写真は参考作品です。

作家情報

築山 有城

築山 有城

1976年 神戸生まれ
2016年「See Saw Seeds 4つのアートコミュニティを繋げる試み」、タシキール、ドバイ(アラブ首長国連邦)
2017年「ラウンダバウト」、LOKO GALLERY、東京
2017年「VOLTA NY」、Pier 90、ニューヨーク(アメリカ)
2018年「Diver」、ギャラリー島田、神戸
2018年「Exhibition 2018」、TEZUKAYAMA GALLERY、大阪

よく「作品のアイデアはどこからくるのか?」と聞かれるのですが、それは雷が落ちるように突然やってきます。私の場合、何か他のことに意識がいっている時が多いようです。車を運転している時やテレビでサッカーを見ている時などです。なぜそうなのか私には分かりませんが、もともと文章から生まれた作品ではないものですから、それを文章化するのが毎回すごく大変です。とはいえ、期日はやってきます。明るく楽しくつくってみせるのが私の仕事です。

推薦者

出原 均

兵庫県立美術館学芸員

[推薦者コメント]

平面作家だけではなく、立体を制作する作家を推薦枠に入れようと思い立ったとき、すぐに頭に浮かんだのがこの作家だった。築山の作風なりスタイルなりを説明するのは難しい。彼のスタンスは、むしろ、独自のスタイルに固執しないことである。スタイルから自由なのだ。柔軟な思考、そこから生まれる豊富なアイデアが一方にあり、他方に、扱う素材の多様性や現れ方、扱い方の自由度がある。この両者(むろん、その他の条件も加わりながら)の関係、その接点の中から思いもかけない作品が作り出される。今回のアート・フェアのための新作が大いに楽しみである。