メインギャラリーエリア作家

Artists

笹岡 由梨子 / Yuriko Sasaoka

メインギャラリーエリア

あなたがよく眠れますように

作家情報

笹岡 由梨子

笹岡 由梨子

1988年 大阪生まれ
2017年 京都市立芸術大学大学院美術研究科博士(後期)課程メディア・アート専攻満期退学
2016年「瀬戸内国際芸術祭 2016」小豆島、香川
2016年「COLLECTING TIME_2016」、Espace cheminée nord、ジュネーブ(スイス)
2017年「群馬青年ビエンナーレ2017」、群馬県立近代美術館、群馬
2017年「command X」、8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery(東京)
2018年「Changwon Sculpture Biennale 2018」、Hanok、チャンウォン(韓国)

笹岡由梨子は、「絵画軸映像」という独自のアプローチで、映像の中にある絵画との接点を探るべく、絵画における「手の痕跡」とも近似した「編集のノイズ」を残す手法で映像作品を制作してきました。黒子が糸で操るような、ローテクな人形劇を撮影した映像に、手足や顔といった実写のパーツを合成するコラージュ的手法は、かつてのSFX(特撮)をも彷彿とさせます。そして、高性能なCG映像にはないノイズは、緻密な構成や物語とともに、私たちがどこかで見たような、けれど決して知らない独特の世界観をリアルに感じさせるのです。

推薦者

原 久子

アートプロデューサー/大阪電気通信大学教授

[推薦者コメント]

展覧会場で映像作品を最後まで観ずに画面の前から立ち去る人を時折見かける。普段そんなちょっとせっかちな人も、笹岡の作品の前では同じことはしないだろう。棒立ちになって画面に食い入るように観るのはアートフリークだけではない。手描きのパーツのコラージュをアニメーション制作に用いることは革新的ではないものの、デジタル世代の笹岡は「絵画軸映像」と呼び、映像と絵画の境界を往き来させて、独自の進化をさせている。偏愛的な世界観を繰り広げ、個性あふれる画面展開や登場キャラクターの魅力は、すでに各所で評価が高い。どこまでも突っ走ってもらいたい注目される若手の一人だ。