クロストーク
「キュレーター×アーティスト Vol.1」荒木夏実 × 小林勇輝 & 副島しのぶ & 和島ひかり">
     

イベント詳細Event Details

Event Details

2020.02.12

クロストーク
「キュレーター×アーティスト Vol.1」荒木夏実 × 小林勇輝 & 副島しのぶ & 和島ひかり

3331 ART FAIR 2020では、学芸員やキュレーター、美術関係者などが出品アーティストを各地より推薦・選出しました。推薦者と推薦アーティストによるクロストークシリーズ Vol.1は、荒木夏実氏 (キュレーター/東京藝術大学准教授) と、アーティストの小林勇輝氏、副島しのぶ氏、和島ひかり氏です。推薦者からの視点を交えながら、作家の考えや作品・活動の背景についてお話を伺います。

作家自身の言葉で語られる制作の意図や背景は、作品に対する理解を深める貴重な機会です。会期中は連日トークを開催していますので、ぜひ「アーティストの声」をお聴きください。

【お申込方法】こちらのページよりお申込みください。(要事前予約/定員:25名)

<荒木氏による推薦コメント>
今回推薦した小林勇輝、副島しのぶ、和島ひかりの3人は、それぞれ全く異なる作風でありながら、身体性について個々に追求している点が興味深い。小林は人種や国や性別によるステレオタイプからの逃避を求めて、自身の身体をあらわにする。生々しさとユーモアを備えた表現にはイギリス仕込みの「毒」が感じられるが、見慣れると爽快感が生まれてくるから不思議だ。 副島は架空の世界の中に「リアリティ」を見事に浮かび上がらせる。物語の下地となるリサーチの丹念さ、造形物を肉づけする際の創意工夫がなせる技だろう。 和島は自分自身に向き合い、肉体と精神へのユニークな分析を行う。繊細でありながら冷静に世界を見つめる視線が、大胆な表現力へとつながっている。 「あたりまえ」を疑うことがアートだとしたら、彼らはヴァーチャルな空想世界ではなく、厄介な「身体」に向き合い、忘れていることや見えていないものに気づかせてくれる。ときにしつこく、ときにさりげなく。

【登壇者】

荒木夏実 (キュレーター/東京藝術大学准教授)
慶應義塾大学文学部卒業、英国レスター大学ミュージアム・スタディーズ修了。三鷹市芸術文化振興財団 (1994-2002) 、森美術館 (2003-2018) でキュレーターとして展覧会および教育プログラムに携わる。主な展覧会に「小谷元彦展:幽体の知覚」、「ゴー・ビトゥイーンズ展:こどもを通して見る世界」、「ディン・Q・レ展:明日への記憶」、「六本木クロッシング2016:僕の身体、あなたの声」など。「ゴー・ビトゥイーンズ展」で第26回倫雅美術奨励賞、第10回西洋美術振興財団学術賞受賞。

 

小林勇輝 (アーティスト)
1990年 東京生まれ
2016年 ロイヤル・カレッジ・オブ・アート、修士課程修了
2016年「ダダ100周年フェスティバル」、スパイラル、東京
2018年 マリーナ・アブラモヴィッチ回顧展「The Cleaner」にパフォーマーとして参加、ドイツ連邦共和国美術展示館、ボン (ドイツ)
2018年 「第18回アジアンアートビエンナーレ」、ダッカ (バングラディシュ)
2018年 「Dance New Air 2018」、VACANT、東京
2019年 パフォーマンスアートプラットフォーム「スティルライブ / Stilllive」を主催、ゲーテ・インストュート東京
https://www.yukikoba.com/

 

副島しのぶ (アーティスト)
1993年 広島県生まれ
2018年 東京藝術大学美術学部卒業
2018年 「a.a.t.m アートアワードトーキョー丸の内」、東京駅、東京
2019年 「23rd FANTASIA国際映画祭」、Auditorium des diplômés de la SGWU 他、モントリオール
2019年 「第11回 恵比寿映画祭」、東京都写真美術館、東京
2019年 「イメージ・フォーラム フェスティバル:東アジアエクスペリメンタル コンペティション」、スパイラル他、東京他巡回
2019年 「第22回 文化庁メディア芸術祭」、日本科学未来館 他、東京
http://www.shinobusoejima.com

 

和島ひかり (アーティスト)
1998年 北海道生まれ
2020年 北星学園大学短期大学部英文科卒業
2019年「Think Super Market 2」 、札幌駅前通り地下歩行空間、札幌
2019年「Video Party 2019」 、Lumen gallery、京都
2019年 個展「詰め込んで、入れ替えて、整えて。」眺望ギャラリーテラス計画、札幌
2019年「Think Square」、札幌市民交流プラザSCARTSコート、札幌
2019年「シンクスクール制作コース 歴代受賞展」、札幌駅前通り地下歩行空間、札幌

 

3月19日 (木)

16:00 - 17:00

2階 体育館ステージ

登壇者:荒木夏実 (キュレーター/東京藝術大学准教授)、小林勇輝、副島しのぶ、和島ひかり (アーティスト)

料金:無料