Event

すべてのイベントは入場チケットをお持ちの方のみ無料でご参加いただけます。
詳細は順次、当ウェブサイト、fb、twitter、メールニュースにてご案内いたします。

シンポジウム "日本のアートとマーケットの現在・未来"

16Sun

15:00-17:00 @ラウンジ

パネリスト:石鍋博子(ワンピース倶楽部代表)
      椿 昇(アーティスト、京都造形芸術大学教授)
      遠山正道(株式会社スマイルズ代表取締役)
      和多利浩一(ワタリウム美術館 CEO/キュレイター)
モデレータ:中村政人(3331 Arts Chiyoda 統括ディレクター)

昨今のマーケットに対してアートワールドはどのように動いているか、また今後、日本におけるアート・マーケットはどのような視座から見通しがもてるだろうか。
アーティスト、コレクター、キュレーターが縦横無尽に語り尽くします。

《プロフィール》

石鍋博子(ワンピース倶楽部代表)
000159_01.jpg
1956年東京生まれ。実家は岩手県大船渡市。1980年慶應義塾大学法学部卒業。1980年から1998年までフジテレビにて番組制作、イベントのプロデュースに係る。2005年より現代アートに関心を持ち、 2007年7月「ワンピース倶楽部」設立。2013年9月~第7期ワンピース倶楽部の活動中。
ワンピース倶楽部とは...現代アートマーケット拡大のため、楽しみながら、最低一年に一作品(ワンピース)を購入することを約束したアートを愛 する人達の集まり。非営利団体。2009年に名古屋支部、2010年関西支部を開設。毎年一回、その期の参加者による購入作品を発表する「はじめ てかもしれない展」が開催される。第7期会員数現在約50名。

椿 昇(アーティスト、京都造形芸術大学教授)
000159_02.jpg
京都市立芸術大学美術専攻科修了。1989年のアゲインストネーチャーに「Fresh gasoline」を出品、展覧会のタイトルを生む。1993年のベネチア・ビエンナーレに出品。2001年の横浜トリエンナーレでは、巨大なバッタのバルーン《インセクト・ワールド-飛蝗(バッタ)》を発表。2003年、水戸芸術館にて9.11以後の世界をテーマに「国連少年展」。2009年、京都国立近代美術館で個展「椿昇2004-2009:GOLD/WHITE/BLACK」を、2012年、霧島アートの森(鹿児島)にて「椿昇展"PREHISTORIC_PH"」を開催。また近年は、2013年瀬戸内芸術祭「醤+坂手プロジェクト」ディレクターを始め、京都造形芸術大学美術工芸学科の卒展アートフェア化、エンドユーザー育成のためにリースシステムを立ち上げるなど、若手育成システムを継続的に開発している。

遠山正道(株式会社スマイルズ代表取締役)
000159_03.jpg
1962年東京都生まれ。慶應義塾大学商学部卒業後、85年三菱商事株式会社入社。97年日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社出向を経て、99年「Soup Stock Tokyo」第1号店をお台場ヴィーナスフォートにオープン。2000年三菱商事初の社内ベンチャー企業、株式会社スマイルズを設立、代表取締役社長に就任。2008年MBOによりスマイルズの株式100%を取得。
現在、食べるスープの専門店「Soup Stock Tokyo(スープ ストック トーキョー)」のほか、2006年よりネクタイの専門ブランド「giraffe(ジラフ)」、2009年には新しいリサイクルショップ「PASS THE BATON(パス ザ バトン)」、2012年からはファッションブランド「my panda(マイ パンダ)」を展開。「生活価値の拡充」を企業理念に掲げ、既成概念や業界の枠にとらわれず、現代の新しい生活の在り方を提案している。近著に『成功することを決めた』(新潮文庫)、『やりたいことをやるビジネスモデル-PASS THE BATONの軌跡』(弘文堂)がある。

和多利浩一(ワタリウム美術館 CEO/キュレイター)
000159_04.jpg
1980年オンサンデーズ設立。美術書籍の出版社イッシプレス設立後、1990年ワタリウム美術館開館。ドイツのドクメンタ9で初の日本人スタッフ、第1回南アフリカ・ヨハネスブルグ・ビエンナーレ日本代表コミッショナーなど国内外で活動。共著書に「チャイナアート」、「夢みる美術館計画」他。地域ボランティアとして、青山キラー通り商店会会長、原宿地区商店会連合会会長、原宿神宮前まちづくり協議会代表幹事なども務め、街づくりに参加してきた。

中村政人(アーティスト、東京藝術大学准教授、アーツ千代田3331統括ディレクター)
000159_05.jpg
「美術と社会」「美術と教育」をテーマに様々なアート・プロジェクトを進めている。2010年にアーティスト主導、公設民営のアートセンター「アーツ千代田 3331」を立ち上げる。平成22年度芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。

《お申し込み方法》

■定員:60名様 *先着順
*但し、3331 ART FAIRのチケットが必要です。 (当日券以外も可)

■ご応募受付 2014年3月7日(金)~
*定員になり次第ご応募を終了させていただきます。予めご了承ください。

■メール、電話、FAXで受け付けます。
・お電話でお申し込みの方
「3331 ART FAIR シンポジウム参加希望」とお伝えください。
TEL:03-6803-2441(代表)
・メール、FAXでお申し込みの方
下記の内容をメールアドレス:ws1@3331.jp 宛てに送りください。
件名:「3331 ART FAIR シンポジウム参加希望」
本文:1、お名前 2、ふりがな 3、メールアドレス 4、お電話番号

Event Index