金 光男

Entry Artists
金 光男|Mitsuo Kim

Profile

現在「row 」と名付けられた作品を制作。
境界・矛盾・両義性・・・
フェンスや海面、日常生活品、古代彫刻などのイメージを切り取りコントロールがきかない要素のある独自の技法で制作。
自身の置かれた社会的な立ち位置をベースに、不安定さや曖昧な状況、関係性をヴィジブルに現出させます。
モノクロームの静かな画面の部分部分が崩壊し、危う迫力のある印象を与える作品。イメージをシルクスクリーンで刷り、バーナーの熱を部分的にあてベースに染み込ませた蝋と一緒に融解させています。よくみると図像が熱によって糸のようにほどけ、ベースに隠れていた蝋が表面に流れ落ちていることが分かります。イメージの選択から、定着と流動(破壊)、再定着を経て出来上がった作品は、存在について何かを問いかけています。

1987 大阪生まれ
2014年「VOCA2014」 奨励賞、2012年「アートアワードトーキョー丸の内」 フランス大使館賞・木幡和枝賞、「群馬青年ビエンナーレ」奨励賞など受賞。

Entry Artists Index