高井勇輝 賞

Collectors' Prizes
高井勇輝 賞|Yuki Takai Prize
Selector
高井勇輝|Yuki Takai
株式会社ロフトワーク クリエイティブディレクター
Selected Artist
黒川彰宣|Akinobu Kurokawa

Prize Statement

prize000112_01.jpg

「判断のしどころ」は、もともとは2013年のG-Tokyoで初めて知った作品。それからずっと気になっていて、今回ここでまた出会ったのは縁があったということかなと思って購入しました。
ロープはほどけば紐になり、紐はほどけば糸になる。どこまでが何でどこからがそうでなくなるのか、「境界」の問いを体現するロープで、世界=空間と自分=身体、生と死の境界とも言える心臓を形づくっている。タイトルまで含めて、問いとコンセプトを秘めた作品は好みのひとつ。
人生は常に判断の連続でできている。その判断に正解はないし、した判断を正解にしていくしかない。別にこれが答えを教えてくれるわけじゃないけど、これから何か判断を迫られるその時々でこの作品を眺めては、「判断のしどころだな」とつぶやいて、きっとその意味を味わうんだろうと思う。

Profile

1986年生まれ 茨城県出身
株式会社ロフトワークにて、Webサイト制作を中心に、新規サービスの立ちあげや空間ディレクションなどを手がける。
その傍ら、個人的なライフワークとして、インターネットを通じてアートのような「既存とは異なる新しい価値観のクリエイション」に適切な評価と対価が巡る仕組みを実現すべく、模索奮闘を続けている。
http://revoltmark.com/

Collectors' Prizes Index