3331のアートフェアは、作家たちが制作を継続し、作家として社会とつながるフィールドとなるべきフェアを目指し、これまで、アートギャラリーで活躍する作家からギャラリーに所属しない作家、オルタナティブな場所を構えて活動する作家など、さまざまなスタイルで制作・発表を続ける作家の作品を紹介してきました。

今回は「東京」という日本のアートシーンの真ん中に、全国で注目される作家を集めるべく、各地に縁あるキュレーターに作家の推薦を依頼しました。北は北海道、南は九州の各地で活躍する7 名のキュレーターからは、平面、立体、工芸、これらに収まりきれないクロスジャンルな表現で注目される作家が推薦されました。


 

秋元 雄史/Yuji Akimoto

東京藝術大学大学美術館館長・教授
金沢21世紀美術館館長

Director/Professor of The University Art Museum, Tokyo University of the Arts
Director of 21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa

蔵屋 美香/Mika Kuraya

東京国立近代美術館企画課長

Chief Curator of the Department of the Programs Development, the National Museum of Modern Art, Tokyo.

山出 淳也/Jun'ya Yamaide

NPO法人 BEPPU PROJECT 代表理事

NPO BEPPU PROJECT Executive Director

 

小田井 真美/Mami Odai

AIRプログラム・ディレクター

原 久子/Hisako Hara

アートプロデューサー

Art Producer

甲斐 賢治/Kenji Kai

せんだいメディアテーク
アーティスティック・ディレクター

sendai mediatheque
artistic director

高田 彩/Aya Takada

ビルド・フルーガス代表

Director of birdo flugas