Artists

Artists

渡辺 志桜里

Shiori Watanabe

Selection-GYM(2F 体育館)Selection-GYM(2F Gymnasium)

循環し続ける水の中に魚・野菜・オブジェそして微生物がバラバラに配置されているインスタレーション作品《サンルーム》(2018-) に皇居のお濠から汲み取った水が使用されていたように、渡辺の作品は通じて、生態系や身体といった問題を扱いながらも、その深淵には常に極めて政治的な天皇制への独自の視点が盛り込まれています。 また、在来種や外来種にといった個々の種に潜む資本主義、グローバリズムといった問題を生殖やフェミニズムなどと結びつけ、人間社会を含むエコロジーのあり方を模索しています。

While Watanabe's works seemly deal with themes such as the ecosystem and the human body, she has never forget to penetrated a unique perspective[/ political sensitivity] on the Emperor system into her works; She scooped
up water from the Imperial Palace moat and used them into the circulating water in the early days of her making of installation “Sunroom”(2018-). She also explores ways of total ecology, including human society, by ways of connecting the notions of “reproduction” and “feminism” with issues such as “capitalism” and “globalism” lurking in individual species within ecosystems, such as native/ alien species.

渡辺 志桜里

Shiori Watanabe

1984年  東京生まれ
2017年  東京藝術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了

2022年  Nipponia nippon、SYP gallery、東京
2021年  「非≠人間と物質」 / Non Not equal Between man and matter」、3331 Arts Chiyoda、東京
2021年  Das Fremde in der Isolation、ケルン(ドイツ)
2021年  ストレンジャーによろしく、金沢アートグミ、金沢
2021年  水の波紋展2021、渋谷区役所美竹分庁舎、東京

1984  Born in Tokyo
2017  Graduate School of Fine Arts, majoring in Sculpture

2022  Nipponia nippon, SYP gallery, Tokyo
2021  Non Not equal Between man and matter, 3331 Arts Chiyoda, Tokyo
2021  Das Fremde in der Isolation, Cologne(Germany)
2021  Best Regard to Stranger, Kanazawa Art Gumi, Kanazawa
2021  Ripples of Water 2021, Shibuya City OfficeMitake Branch Government Building, Tokyo

https://watanabe-shiori.tokyo/index.html

   

推薦者

Selector

藪前 知子

Tomoko Yabumae

東京都美術館学芸員

Curator, Tokyo Metropolitan Art Museum

[推薦者コメント]

 

渡辺志桜里は、循環する自立した生態系を維持しながら、その一部を切り取り株分けしていく作品を制作し注目された。彼女の作品は、外来種や純血種、絶滅種、遺伝子操作など、人間社会のなかで生命がコントロールされ管理される状況について、天皇制や移民など政治的な論点も呼び込みつつ、多層的なメタファーとして機能する。