Artists

Artists

髙橋 相馬

Soma Takahashi

Selection-GYM(2F 体育館)Selection-GYM(2F Gymnasium)

Coin parkingCoin parking

Coin parkingCoin parking

TruckTruck

BowlingBowling

HotelHotel

parkingparking

TaxiTaxi

TimesTimes

Sign of bike shopSign of bike shop

The car on the parking lotThe car on the parking lot

rent a carrent a car

sign,kozasign,koza

Gas stationGas ststion

2015年より沖縄の建物や看板などをモチーフにペインティングを制作。描かれるモチーフは「その土地にしかない、またはその場所に合わせた仕様になっていて」「珍しくない」ものを選んでおり、何気ない風景を描くことで自分が生きている時代の記録を試みている。

Soma Takahashi has started painting in the motif of a building and signboards in Okinawa since 2015. When he selects a motif, valuing two things "Optimized" and "Commonplace".
He tries to record own era by painting casual things.

湯浅要

髙橋 相馬

Soma Takahashi

1992年  岐阜生まれ
2017年  沖縄県立芸術大学美術工芸学部絵画科油画コース
2017年  沖縄県立芸術大学美術工芸学部絵画科油画コース

2022年  ふたり展 高橋相馬/我那覇純都、bar3+3、那覇(沖縄)
2021年  やんばるアートフェスティバル2021-2022、辺土名商店街、大宜味村(沖縄)
2021年  THE HAPPIEST PLACE ON EARTH HOTEL ASIA POSTCARD PROJECT 2021、プラハ/チェコ共和国 ジョクジャカルタ/インドネシア 北九州 熊本/日本
2019年  UNDENTIFIED LANDSCAPE、福岡 沖縄 日本
2018年  BANGKOKBIENNIAL2018、White Line、バンコク(タイ)

1992  Born in Gifu
2017  Graduated from Okinawa Prefectural University of Arts
2017  Graduated from Okinawa Prefectural University of Arts

2022  two-person exhibition Soma takahashi/Junto Ganaha, bar3+3, Naha(Okinawa)
2021  YAMBARU ART FESTIVAL2021-2022, Hentona shopping street, Ogimi(Okinawa)
2021  THE HAPPIEST PLACE ON EARTH HOTEL ASIA POSTCARD PROJECT 2021, Prague/Czech,Yogyakarta/Indonesia,Fukuoka and Kumamoto/Japan
2019  UNDENTIFIED LANDSCAPE, Fukuoka and Okinawa/Japan
2018  BANGKOKBIENNIAL2018, White Line, Bangkok(Thailand)

推薦者

Selector

土屋 誠一

Seiichi Tsuchiya

美術批評家/沖縄県立芸術大学准教授

Art critic / Associate Professor at Okinawa Prefectural University of Arts

[推薦者コメント]

 

 もともとギーク系の表現から関心をスタートさせた彼は、そこから転じて、沖縄の街路で見ることのできる、なんでもない風景を、極力フラットな手法で機械的に描くという方向に向かった。その論理的帰結として、写真を媒介にした、スーパー・リアリズム的表現に至ったと言えるだろう。けれども、インターネット・ネイティヴの世代らしく、なんでもない風景は、いったんコンピュータ上で違和感のないように加工され、それをトレースして描くことで、結果的に、現実にはどこにも存在しない風景になっている。とはいえ、いかにも沖縄の都市部に見られる光景が持つヴァナキュラーな特質は保持しており、エドワード・ホッパーやエド・ルシェの、今世紀の沖縄版とでも言える作品を展開している。