Artists

Artists

フルフォード 素馨

Jasmine Fulford

Selection-GYM(2F 体育館)Selection-GYM(2F Gymnasium)

体育館でサイコキネシスPsychokinesis At Gymnasium

近年は、超個人的な「経験」や「実感」を軸に、今の自分、そのときそのときの作りたいイメージやその感覚に正直であることを大切にした素朴なアウトプットを、継続できるペースで繰り返す制作方針を実践し、さまざまなモチーフに取り組んでいる。特に最近は「何をもってして’理解した’事になるのか」がミステリー。あとは例えば、脳と手は同じ身体に収まっているのに、脳から手に指令が伝達されて、筆と絵の具を経由して画面に現れるまでのプロセスも、とても不思議だと感じている。いつだって本来の脳内イメージとは違うものが現前するのだもの。

With hyper-personal experiences and hyper-personal feelings at the heart of my activities, in recent years I have been tackling a variety of motifs and pursuing a sustainable pace of production with a focus on straightforward output in which I am honest not only to my current perception of myself, but also honest to the images that I want to produce in changing circumstances, and to my own sense of all these variables. One question that has come up for me in recent months is the mystery of what forms the basis for believing that I have understood something. Another puzzle is the process by which an instruction is transmitted from brain to hand, then via brush and paint to appearance as an image. Even though my brain and hand are parts of the same body, what my hand produces is always different from the image that I saw in my brain.

フルフォード 素馨

Jasmine Fulford

1988年  逗子生まれ
2017年  UAL セントラルセントマーチンズ大学院ファインアート学科

2022年  Shapes in Bloom、ライズギャラリー、東京
2022年  Every Extreme Love、Gigi Gallery、神奈川
2021年  Independent Tokyo 2021 Selection、Gallery Tagboat、東京
2019年  Three Rooms of Attachment、マキイマサルファインアーツ、東京
2019年  Asia Illustration Fair、上海寶龍美術館、上海

1988  Born in Zushi
2017  UAL Central Saint Martins MA Fine Art

2022  Shapes in Bloom, Rise Gallery, Tokyo
2022  Every Extreme Love, Gigi Gallery, Kanagawa
2021  Independent Tokyo 2021 Selection, Gallery Tagboat, Tokyo
2019  Three Rooms of Attachment, Makii Masaru Fine Arts, Tokyo
2019  Asia Illustration Fair, Powerlong Museum, Shanghai

推薦者

Selector

Gallery KIDO Press

Gallery KIDO Press 

[推薦者コメント]

 

フ ルフォード素馨は、さまざまな題材をもとにして絵画 を 制作している。 そ れらは時に、マッチングアプリでモニターに表示される 人物 像であったり、絶滅危惧種の動物達であったり、夢で見 た世 界や、さりげない日常の風景、静物であったりする。 この ように多種多様な物に対する興味とそれらから受ける 感覚的 な経験が、フルフォード素馨というフィルターを通 すと、 その作品を観る者に緩やかな普遍的な感性の共有を 促して来 る。 そ れは、おおらかに彼女が伝えたいと願う感性の記録なの かも しれない。 3331 アーツ千代田館内のギャラリーキドプレスでの展示 は、11 月 26日から 12 月 25 日を予定している。