Artists

Artists

すずえり

suzueri

Selection-GYM(2F 体育館)Selection-GYM(2F Gymnasium)

ピアノや自作装置を組み合わせた、回りくどく落ち着きのない感じの演奏や展示を行う。制作にともなうエスキスをドローイングや版画にもする。気にしていることは、道具や楽器のインタラクションと身体性とのずれ、そのずれから生まれる物語性。
最近は、プリミティブな自作デバイスや電子楽器の制作、ネットワーク配信のレイテンシーなどから付随して生まれるメディア考古学的なアプローチにも興味をもっている。

She plays and exhibit circuitous and restless performances using pianos and founding objects combined with self-made instruments. Besides, she makes drawings and printings as the esquisse of her installation/instruments. My recent interests have centred on the exploration of the gaps and narrative aspects between the interaction of instruments and particular embodiment.

In addition, currently, She is also interested in the possibilities of media archaeological approaches generated by the creation of handmade electrical devices and instruments and the latency of network broadcasting.

Photo by Benedict Phillips

すずえり

suzueri

年  横浜, 神奈川生まれ
1993年  武蔵野美術大学造形学部油絵科卒業
2005年  岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー[IAMAS]卒業

2022年  どうぐをプレイする、NTTインターコミュニケーション・センター [ICC] 、東京
2021年  花かんむりと太陽冠 (個展)、gallery and spicyfoods P、東京
2020年  3つの世界 / バリケード (個展)、 switchpoint、東京
2019年   Tsonami Festival 、Espacio cultural Warhola、ヴァルパライソ(チリ)
2018年  SFX Seoul、Alternative Space Loop、ソウル(韓国)

  Born in Yokohama, Kanagawa
1993  Graduated from Musashino Art University
2005  Graduated from International Academy of Media Arts and Sciences (IAMAS)

2022  Tools for Play, The NTT InterCommunication Center [ICC] , Tokyo
2021  Corona de Flores y Corona de Sol, gallery and spicyfoods P, Tokyo
2020  Three World / Barricade,  switchpoint, Tokyo
2019   Tsonami Festival , Espacio cultural Warhola, Valparaiso(Chile)
2018  SFX Seoul, Alternative Space Loop, Seoul(Korea)

http://suzueri.org/

   

推薦者

Selector

藪前 知子

Tomoko Yabumae

東京都美術館学芸員

Curator, Tokyo Metropolitan Art Museum

[推薦者コメント]

 

音を出す自作装置を制作し展示を行うとともに、音楽家として実験的なアーティストたちとの共演も多数行ってきたすずえりは、音楽とアートのあいだをことさらに意識することなく軽やかに行き来してきた稀有なアーティストである。イメージを音に変換する、アナログな彼女の手の跡を感じさせる装置は、時にもどかしい動きする。そこから生み出される距離の感覚は、懐かしい夢のような感覚を私たちにもたらす。