Artists

Artists

SHIN KOYAMA

SHIN  KOYAMA

Selection-GYM(2F 体育館)Selection-GYM(2F Gymnasium)

群馬県伊勢崎市に生まれ、繊維工場を営んでいた家族のもと、テキスタイルデザイナーとしてアーティストの道を歩み始める。フリーランスイラストレーターとして活動したのち、オーストラリアに移住し、シドニーにて版画ギャラリーをオープン。移住前には日本国内で、版画グランプリ(1974年)、講談社(1971年)をはじめ数々の賞を受賞。

作品は、現在も三宝国際陶器美術館(中国景徳鎮)やニュー・サウス・ウェールズ州立美術館(オーストラリア)、また、数多くの個人コレクションに収蔵されている。
グローバルな活動を広げるために、2013年に景徳鎮(中国)に陶磁器スタジオを設立。さらに、2014年には有田(佐賀県)、2018年にはチェンマイ郊外(タイ)にスタジオを構え、地域のアーティストと協働しながら作品のデザイン・制作・プロデュースを行っている。
作風は、日本の伝統的な紋様や浮世絵を現代的にアレンジしたもの、自身の記憶に基づいた細やかに描写された人物たち、手作業で作られた個性的で形の大胆な陶磁器オブジェ(人形)など世界でもユニークな作品群です。作品の全てに豊かな経験による即興性、一貫性のある想像力、そして情熱が表現されています。

シンコヤマコレクションは日本の陶磁器の発祥の地である有田町で誕生しました。
400年の歴史を持つこの町の伝統技術に惚れ込んだ作者が、職人さんと窯元のコラボレーションによって生み出した作品です。ライフワークである版画や墨絵も製作。

Born in Isesaki, Japan, to a family who ran a weaving factory, Shin began his artistic path as a textile designer. After a working as a freelance illustrator, Shin moved to Australia where he established a printmaking gallery in Sydney. Before emigrating, he won numerous awards in Japan such as the Japan Printmakers Grand Prix and the KFS Art Contest Grand Prix.

Shin’s work features in the collections of the Sanbao International Ceramic Art Institute (Jingdezhen, China), the Art Gallery of New South Wales (Sydney, Australia), as well as numerous private collections.
He expanded his international activity by establishing a ceramics studio in 2013 at Jingdezhen, China. Shin also maintains studios in Arita (Saga Prefecture, Japan) since 2014 and on the outskirts of Chiangmai (Thailand) since 2018. Shin collaborates with artists in these regions to design and produce his works.
Shin’s unique oeuvre includes contemporary arrangements of traditional Japanese patterns and Ukiyo-e, detailed depictions of figures based on his own memories, as well as idiosyncratic handmade ceramic objects (dolls) with exaggerated forms. All Shin’s work expresses his inspiration earned through rich experience, along with his ceaseless imagination and passion.

SHIN KOYAMA collection is the artist's collaboration with historic Kilns in Arita, the 400 year old capital of Japanese porcelain.
Designed and handmade together with local master craftsmen.
I also made prints and ink paintings that are my life's work.

SHIN KOYAMA

SHIN  KOYAMA

1947年  群馬生まれ
1969年  獨協大学経済学科中退
1969年  獨協大学経済学部中退

2022年  Color7人展、大分県立美術館、大分
2022年  ライフワーク、福岡県立美術館、福岡
2020年  モンスターリターン、ラランタギャラリー、バンコク
2019年  ARITA、SACギャラリー、チェンマイ

1947  Born in Gunma
1969  Drop out of Dokkyo University
1969  Drop out of Dokkyo University

2022  Color 7Artists Exhibition, Oita Prefectural Art Museum, Oita
2022  LIFEWORK, Fukuoka Prefectural Art Museum, Fukuoka
2020  Return of Monster, La Lanta Fine Art, Bangkok
2019  ARITA, SAC Gallery, Chiang Mai

https://shin-koyama.com

   

推薦者

Selector

中村 恭子

Kyoko Nakamura

NPO法人BEPPU PROJECT 代表理事

NPO BEPPU PROJECT Representative Director

[推薦者コメント]

 

シンさんは、テキスタイルデザイナーやイラストレーターとして活躍したのち、主に海外で絵画や版画、陶磁器などの作家として活動してきました。景徳鎮(中国)、有田(佐賀)、チェンマイ(タイ)にもスタジオを持つシンさん。昨年、別府にも新たにギャラリースペースを構え、近所の温泉を日々堪能しながら、情熱的に創作を続けています。「エロ・グロ・カワイイ」作風が魅力のシンさんの作品。時にガツンと、時にジワジワと、気が付いたらその独特の世界観にぐっと没入し、魅了されます。