Artists

Artists

横山 翔平

Shohei Yokoyama

Selection-GYM(2F 体育館)Selection-GYM(2F Gymnasium)

Amorphous21-1Amorphous21-1

Amorphous20-1Amorphous20-1

ガラスは結晶構造を持たない物質『アモルファス(amorphous)』とされる希有な素材である。熱を加えることで粘性が高くなり重力と遠心力を受け流動し、息を吹き込むことで成形することができる。固体とも液体とも分類し難いこの素材は「吹く」という行為、すなわち自身が内包する空気のかたちを『呼吸』によって可視化することが可能な素材である。

ガラスを成形する際の『呼吸』は作者の肺活量に伴う圧力や筋力といった個人のアビリティと、自身の感情や思考、感覚といったアイデンティティーの2つの因子によって構成され、絶えず変化し作者の身体性、精神性を純粋なまでにガラスに映し出すのである。

ガラスが熱を失い固体に近づくまでの一瞬の間に呼吸を内包した空間は、アモルファスという非結晶体の持つ流動性を宿し、胚となって生の気配を孕み、生物の知覚に深く語りかける。

Glass is “amorphous”. It is a rare material that does not have a crystalline structure. Molten glass can be transformed using gravity, heat, air and centrifugal force. We can also use our breath and make the glass take shape, and through the transparency of the material we can also visualize the shape our breath will create. Through the process of blowing and forming glass in a molten state, we can follow the transformation from a liquid to a solid.

I see the material separated into two equally important factors. The first point is the effect of the artist on the material, the physical ability of muscle pressure and lung power and the way those factors determine the shape of the glass. The second point is the emotional state of the artist, the feelings, mind, sensibility and spirituality and how those factors will determine the shape of the glass.

I aim to create work in this space where the activity of making glass is born. I am motivated by the process and hope to create work that capture power of the material.

横山 翔平

Shohei Yokoyama

1985年  岡山生まれ
2008年  大阪芸術大学工芸学科ガラス工芸コース卒業

2022年  場所の記憶 - Ⅰ交差 -、備前市立備前焼ミュージアム、岡山
2022年  Art Fair Tokyo 2022、東京国際フォーラム、東京
2022年  Collect art fair 2022、Somerset House、London
2021年  GO FOR KOGEI 2021、大瀧神社、那谷寺、勝興寺、福井・石川・富山
2021年  とける形、ふくらむ瞬間(とき)、瀬戸市新世紀工芸館、愛知

1985  Born in Okayama
2008  Graduated from Osaka University of Arts Craft Department Glass Course

2022  Memory of Place -One Crossing- , Bizen Pottery Museum, Okayama
2022  Art Fair Tokyo 2022, Tokyo International Forum, Tokyo
2022  Collect art fair 2022, Somerset House, London
2021  GO FOR KOGEI 2021, Otaki Shrine, Natadera Temple, Shokoji Temple, Fukui, Ishikawa, Toyama
2021  The shape that melts, the moment it swells, Seto Ceramics and Glass Art Center, Aichi

https://www-shohei122-www.wixsite.com/glass/home

 

推薦者

Selector

橘 美貴

Miki Tachibana

高松市美術館 学芸員

Curator, Takamatsu Art Museum

[推薦者コメント]

 

横山の吹きガラスによる作品は、それ自体が呼吸をする生き物のような気配を纏っている。飴細工に似た手法で作られる「Amorphous」シリーズは、結晶体を持たないガラスの流動性に着目したもので、大胆な動きが書にも通じるような躍動感を生み出す作品群だ。荒々しい力強さを感じさせる一方、素材の冷たさはガラスの繊細さを思い出させる。備前焼の陶工の家に生まれた横山は関東に拠点を置きながら、今年はI氏賞大賞受賞や、備前焼の人間国宝・金重有邦との展覧会開催など、地元での活躍も目覚ましい。