Artists

Artists

中野渡 尉隆

Yastaka Nakanowatari

Selection-GYM(2F 体育館)Selection-GYM(2F Gymnasium)

Water Droplets #1Water Droplets #1

シリーズ<Water Droplets>(2010年)からの2点。窓硝子と青空と雲をモチーフにして、窓のメタファーとしての絵画を対象化している。硝子板よりも薄い絵具のレイヤーで、濡れと撥水という水の表面張力を応用して、点描を反転した網点のような視覚像を定着している。その向こう側は、空中にあまねく分散する水素が宇宙全体に無限に広がり循環していることを暗示している。環境音楽のような波動のゆらぎをキャンバス上で重層的に表現した作品である。

Two works from the series “Water Droplets” (2010). Using motifs of window glass, blue sky, and clouds, Nakanowatari treats paintings as metaphorical windows. A layer of paint, thinner than a glass plate, evokes the wet and water-repellant character of the surface tension of water and fixes a visual network of inversed stippling. The other side suggests that hydrogen, which is widely distributed in the air, spreads infinitely and circulates through the universe. These works express fluctuating waves reminiscent of ambient music in multiple layers on the canvas.

中野渡 尉隆

Yastaka Nakanowatari

1966年  青森県生まれ
1997年  東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程 単位取得満期退学
1997年  東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程 単位取得満期退学

2022年  中野渡 尉隆『コスモス』、青森県立美術館、青森
2019年  中野渡 尉隆『星・雪・水蒸気』、広島市立大学芸術資料館、広島
2011年  中野渡 尉隆『星・雪・水蒸気』、青森県立美術館、青森
2002年  「ダブル・リアリティ―両義的な空間とイリュージョンの7人」、府中市美術館、東京
1996年  「ヒニクなファンタジー」、宮城県美術館、仙台

1966  Born in Aomori
1997  Finished Ph.D. program without dissertation, Tokyo National University of Fine Art and Music
1997  Finished Ph.D. program without dissertation, Tokyo National University of Fine Art and Music

2022  Yastaka Nakanowatari "kosmos", Aomori Museum of Art, Aomori
2019  Yastaka Nakanowatari “Star Snow Steam”, Hiroshima City University Art Museum, Hiroshima
2011  Yastaka Nakanowatari “Star Snow Steam”, Aomori Museum of Art, Aomori
2002  “Double Reality”, Fuchu Art Museum, Tokyo
1996  “Ironic Fantasy”, The Miyagi Museum of Art,, Sendai

https://yastakanakanowatari.wixsite.com/yasutaka-nakanowatari

 

推薦者

Selector

鷲田 めるろ

Meruro Washida

十和田市現代美術館館長

Director, Towada Art Center

[推薦者コメント]

 

中野渡は1994年、東京藝術大学大学院博士課程在学中に、直島コンテンポラリーアートミュージアムで南條史生が企画した「OUT OF BOUNDS」展に、後ろ向きに走るバイクの作品《パイドロス》を出品し注目された。近年では黒の背景に星や雪のようにも見える白い粒子群や、水蒸気や雲のような大気の動きを表した宇宙空間が浮かび上がるような絵画を制作している。このシリーズ「星・雪・水蒸気」は2021年、青森県立美術館に収蔵され、2022年のコレクション展1で展示室1室を使って公開された。今回は、このシリーズが制作される前年のシリーズ「Water Droplets」からの作品が出品される予定。