Artists

Artists

國久 真有

Mayu  Kunihisa

Selection-GYM(2F 体育館)Selection-GYM(2F Gymnasium)

AUTOLYSIS 18-36AUTOLYSIS 18-36

近年は人体を軸にし腕のストロークと遠心力を利用し呼吸に従い描く手法を利用したWIT-WITシリーズという絵画を制作している。この絵画シリーズは、(ひとつの)結果としての四角い平面絵画です。

In recent years, she has been creating paintings called the WIT-WIT series, which uses the stroke of the arm and centrifugal force to draw according to breathing, with the human body as the axis.This series of paintings is the square plane painting as one result in the history of painting.

M.Sato@october studios

國久 真有

Mayu  Kunihisa

1983年  大阪生まれ
2012年  神戸芸術工科大学大学院芸術工学研究科総合アート専攻修士課程 修了
2012年  神戸芸術工科大学大学院芸術工学研究科総合アート専攻修士課程 修了

2022年  THE BUTTERFLY DREAM 、SOKYO ATSUMI、東京
2022年  千島土地コレクション『TIDE – 潮流が形になるとき – 』、kagoo、大阪
2022年  Mayu Kunihisa、Tong-In Gallery、ソウル(韓国)
2022年  第24回企画展 アートの扉IV「國久真有―絵画を生きる」展―現代絵画・線と光をめぐる身体の冒険―、西脇市岡之山美術館、兵庫(西脇)
2022年  BUTTERFLY EFFECT、 ⾋居アネックス、京都

1983  Born in Osaka
2012  Graduated from Graduate School of Art and Design, Kobe Design University
2012  Graduated from Graduate School of Art and Design, Kobe Design University

2022  THE BUTTERFLY DREAM, SOKYO ATSUMI, Tokyo
2022  Kuril Land Collection "TIDE - When the tide takes shape -", kagoo, Osaka
2022  Mayu Kunihisa, Tong-In Gallery, Soul(Koria)
2022  The 24th Special Exhibition Door to Art IV “Mayu Kuniku – Living Paintings” Exhibition-Contemporary Paintings: Bodily Adventures over Lines and Light-, OKANOYAMA MUSEUM OF ART NISHIWAKI, Hyogo(Nishiwaki)
2022  BUTTERFLY EFFECT, Sokyo Annex, Kyoto

https://kunihisamayu.myportfolio.com

 

推薦者

Selector

アーツ千代田 3331

3331 Arts Chiyoda 

[推薦者コメント]

 

彼女の作品を初めて見たのは、数年前。無数の曲線がキャンバスいっぱいに重なり、ひとつの絵画となる一辺2mほどの作品が数点並んでいた。そして中央に同じくらいの大きさのまっさらなキャンバスがテーブルに置かれ、彼女もそこにいた。彼女は置かれたキャンバスに向かうと腕の遠心力を使って筆を走らせ、ひたすら円を描いていった。少しすると違う辺に移動し、またそれを繰り返す。まっさらなキャンバスが色で埋め尽くされていく。一見シンプルな動き、要素であるのに、あらわれる作品には奥行きが生まれる。 彼女はこのひとつひとつの線に何をおもったのだろうか。そのひとつの線の形状は偶然の産物なのか、計算されたものなのか。絵画とはなんなのか。 彼女の作品を通して絵画への向き合い方に、新たな視点を投げかけられている気がしている。 (アーツ千代田 3331 佐藤華林)